2011/6/25

ツリーブ  カード

長官「今日はスリーブ」



長宮さん「・・・」




長官「昨日はパートナーが光物云々の話だったけど、今日はスリーブ」




長宮さん「・・ためにならない話」





長官「役立つ情報などそうそう簡単には、出てこないからね。フハハハ」




長宮さん「・・・・・・」




長官「キャラスリーブが一般化した現代カードゲーム界においては選ぶスリーブも非常に重要な要素を含んでいる。ということで今日はスリーブの話。」


長宮さん「・・」



長官「基本的には再販がないキャラスリ。

人気なキャラのものはメーカー希望小売価格よりも高くなるようなものが存在したり、アニメの前後で急に人気が出て値段が上がるものもあったりと当たりハズレの大きな商品でもある。」


長宮さん「・・・」


長官「単価が高い為、普通の消耗品スリーブとは扱いも多少変わり、スリーブガードを使用して、スリーブの破損を抑える使い方がほとんど。


デッキとキャラスリーブを合わせて、ひとつのセットの様な扱いが最近のトレンドになってるかな。」


長宮さん「・・そう」




長官「ただし、長官の場合はキャラスリガードを使うのは、ごく稀


最近の50枚デッキルールのカードゲームではほとんど使用してないね。




指が届かないから。」



長宮さん「・・?」




長官「キャラスリはソフトタイプとハードタイプの2種類があるんだけど、大抵はハードタイプをみんな選択するんだよね。

で厚い方のハードタイプのキャラスリガードを使用したデッキの厚さは使用していないものに比べて2〜3センチほど分厚くなる。



そうなると長官の小さな手では5枚ほど掴み切れず、ヒンズーシャッフルが出来なくなってしまう・・・」



長宮さん「・・お気の毒に」



長官「他人のデッキはともかく、自分のデッキでシャッフルに手間取ると面倒極まりないので、極力キャラスリーブガードは用いない、ということにしています。

ご了承ください」



長宮さん「・・」



長官「そして今日は、スリーブ選択の話。」



長宮さん「・・今までのくだりは?」




長官「前振り」



長宮さん「・・・」



長官「ということで実際に使用するスリーブ。

ここまでかなりのスリーブが発売されており、この世界にいるのであれば、気に入るスリーブの一つは存在しているであろう・・・多分


ネタのひとつもこのスリーブから始まるかもしれない。



長官的には、現在探しているのは、『相手の賢者力を無効化するスリーブ』と『エンターテイメント力が大幅に上がるスリーブ』を探し中。」



長宮さん「・・・・・・もはやカード関係ない」




長官「どうしてもデッキがうまく回らない・・・構築がいいはずなのに・・・


という方は、一度スリーブを変えてみるといいかもしれない!!


具体的な例が出来たら、またお知らせするよ




では、今日はここまで〜」




長宮さん「・・・また次回」
0



2011/6/27  22:42

投稿者:キング

やはり、そうだったか。

構築、プレイング、 そして スリーブ の三本柱。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ