2011/6/8

バーンデッキ  Chaos

長官「Chaosのバーンか」



長宮さん「・・・」




長官「バーンと言ってもキャラに、ではなくプレイヤー(デッキ)へのバーン。

パートナーはネーブル2.0の真弓」


長宮さん「・・他の火属性のネーブルのキャラが登場かレベルアップしたときに相手に2ダメージ」



長官「火属性主力が多いネーブルデッキなら・・・ということで先週の博多のネオスでも優勝した、新しいタイプのデッキだね。

一度に2点だから単純に9〜13回効果を使えば、流れによっては相手はデッキが切れるということで非常に危険なデッキだね。」



長宮さん「・・対策は?」




長官「『ジャージ』や『ラザフォード場』、その他でプレイヤーへのダメージを軽減するシステムで効果を無効にするか

先に倒すか

の2点になるかな。」


長宮さん「・・そう」




長官「前者のパターンは、ネオスだと一部のタイトルにしか使用出来ない手だし、後者に関しては、貫通無効や登場&レベルアップ時にリカバリー能力をエクストラに擁している(なお火属性)から突破するのも一苦労

まあ、パートナーの能力値は中の下レベルだから、どうにかなりそうだけど・・・


個人的には2ダメージでピン差しカードが叩き落とされて、『あーす!!』ってなりそうで怖い


ということで、なかなか相手にするのが難しいデッキっぽいね」




長宮さん「・・強敵」



長官「さて、タケはこれのあたりを考慮しつつも、どのデッキを準備するやら」



長宮さん「・・刮目させてもらう」




長官「では、これにて」




長宮さん「・・終了」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ