探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査

2018/10/19 
探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。


ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、相手に露見するようなことは、ほとんどないと思っていいでしょう。


でも、「探偵を雇った」という事実でクライアントの挙動がいつもと変わった結果、気付かれてしまったという事例もあります。


報告書を入手するまでの辛抱だと思い、何事もないような様子で過ごすことが大事です。


家族の人数が増えました。


そこで、どうしても車を買い換えないといけなくなったのですが、少しでも高い値段で売りたかったので、一つの会社だけに頼まず、複数の業者に査定をお願いして、結果が出たところで最高額をつけてくれた業者に売却をしました。


スタッドレスタイヤを履かせておいたのですが、この高価なタイヤのおかげで少しは高い値段がつくのではないかと思ったのですが、そんなことは全くなく、値段の違いは殆どありませんでした。


ヒビがあったりなど、いい状態とはいえない物だったということで、サービスで無料で引き取ってもらえて、ラッキーでした。


ともかく、スタッドレスタイヤの状態が、とても良いものであった場合だと車とは別に、タイヤを買い取ってくれるところで売った方が得をするようです。


最近は探偵も興信所もその差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。


どちらも探偵や調査を取り扱っているところは変わりないです。


不倫調査という点でいえば、どちらに頼んでも問題はありません。


とはいえ、得意とする分野についてはおのおのの会社で違ってくるので、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。


浮気がばれると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。


不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。


請求額は概ね、50万くらいから何百万円までとかなりの違いがあります。


支払いが無理そうなら、現実的な支払額になるよう相談するのも悪くないかもしれません。


同じ電話番号の人から何度も電話を受けていたり、また電話をかけ直していたりするとその電話の相手が浮気相手という確率はとても高いと言えるでしょう。


その後、その電話番号の持ち主を調べればいいのですね。


しかしパートナーの方が一枚上手ですと、浮気相手との電話の後にはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ