放浪の旅第2日目その1(8月30日分)〜パノラマカーラストラン追跡前編〜  「鉄」

さて、今回の放浪?の旅の、メインイベントがやってまいりました。

明石のネットカフェを6時ころ出発、新快速+特別快速の乗り継ぎで、とりあえず名古屋へ。名鉄にのりかえて、「パノラマカー」ラストランの出発駅の、豊明(とよあけ)駅まで来ました。

まだ時間がそこそこ早かったので、ホームへの入場規制や、撮り鉄のみなさまは、あまりいらっしゃらなかったので、ホームの端から屋外の留置線に止められてるのを遠景でとれないかな?、と思ったのですが、あろうことか、屋根つきの車庫に入れられていて、
クリックすると元のサイズで表示します

これが限界。いったん改札をでて、車庫の周りをぐるりと回るも、もともと低地で湿地帯≒水田だったところに、盛り土して作ったところなので、どこへ回っても、姿は拝めず。

やむを得ず、出発直後の写真をとろう、と方針転換。豊明駅をでると、すぐに境川(尾張の国と三河の国の境目)の堤防への登り坂になるので、いったん、国道1号線にでて、橋のところから、尾張の国側の堤防上の道を線路近くまで行こうとしたら、、、、、とんでもない藪こぎ?を強いられました(><)

で、確保したポジションが、これ。
クリックすると元のサイズで表示します

猛烈な藪を潜り抜けてきた?だけの甲斐がありました^^v 猛烈な暑さもあって、風は無風に近く、人間にとっては限りなく過酷な条件。駅前の雑貨屋で仕入れてきた、2リットルのペットボトルの水が、みるみるなくなっていきます。

それでも、出発時刻十数分前には、合計4人の方々が、藪をかきわけ、しかも、三脚とか脚立まで担いで、やってこられました。おそるべし、本格派撮り鉄のみなさま。

こちらは、携帯電話のカメラで、機種変更して画質はよくなったのですが、オートフォーカス機能があるため、タイムラグが非常に大きく、その前の電車十本近くで「練習」しましたが、ことごとく、失敗。

で、オートフォーカス機能が、実は無効にできる、ということに気づき、遠景固定モードにしてみたら、かなりタイムラグは減り、通過列車だと120km/h近くでてるので、それでも遅れ気味でしたが、駅から発進してくる列車だと、逆に、シャッターが早めになりすぎてしまって、タイミングの調整がかなり微妙だということが判明(涙)


で、どうなったかというと、

クリックすると元のサイズで表示します


ひきつけすぎちゃいました(涙)。

まぁ、拡大していただくと、号車札などがくっきりうつってて、うっすらと「優先席」の表示も見えるだけでも、よしとしたいなぁ。。。。

でも、やっぱり、納得いかなかったので、またまた藪こぎして(来た時よりは、ちょっと楽だった)駅まで十数分の道のりを戻り、後続の電車(普通+急行)で追いかけることに。パノラマカーは、途中の駅、本宿にて、30分ほど停車してるので、そこで追い越し、伊奈駅には先回りできるはず。あわよくば、急行電車の最後尾に陣取っていれば、本宿駅を出発するときに、車中から撮れるはず、、、、

さて、リベンジの結果やいかに??(次回へ続く^^;)




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ