2021/10/30

10/24生誕前夜祭ライヴレポート(その4)  ライブ

1日間が空いてしまいましたが、10月24日の生誕前夜祭ライヴレポート、最終回です。

え?、何か残っていたの??、っていうそこのあなた、忘れちゃいけないユニットがありますですよ。そうです。「ゆきねこ」です。アニメソング・ヴォーカロイド・アイドルポップスのカバーを中心にお届けする、アコースティックユニットです。「女さまの末裔」と「二足歩行する」で、「ゆきねこ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
ヴォーカル:氷川雪瑠(ひかわゆきる)
ピアノ:根古屋実羽座衛門(ねこやみゅうざえもん)
撮影は福井さん。いつもありがとうございます。

中の人が誰なのか、というのは、言うまでもない?書くまでもない?ですね^^;;

今回のセットリストは、例によって何時ものごとく、現場で決めつつ進めたのですが、

1.紅蓮華:アニメ「鬼滅の刃」主題歌
2.残酷な天使のテーゼ:アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌
3.恋文ノクターン:彩葉永華ちゃんオリジナル曲
4.スノードロップ:彩葉永華ちゃんオリジナル曲
5.君の知らない物語:アニメ「化物語」エンディング曲
6.カントリーロード:アニメ「耳をすませば」挿入歌
7.君のひまわり:彩葉永華ちゃんオリジナル曲

と、自分のリクエストもあったのですが、何時もより、永華ちゃんのオリジナル曲が多目になっております。

なかでも「恋文ノクターン」は、ゆきねことしては初挑戦。しかも、自分自身がリクエストしたとは言え、初めて弾く曲。なおかつ、事前にリハ無しでぶっつけ本番。色々掠すったり擦すったり程度の事故はあったといえ、よくぞまあ完走できたなぁ、と自分を褒めたいです。というか、「この曲、好き」という気持ちだけで、(練習もなしで)どこまで弾けるのか、というよい試練?になったというかなんというか... 「スノードロップ」と「君のひまわり」は慣れた曲なので、自分のオリジナルアレンジ=永華ちゃんのライヴとは異なったアレンジになる部分をどんどん増やしたバージョンになっています。地味なところなので目立たないかも?(十分目立ってるって説も??)

「紅蓮華」は、直前の実月かがりちゃんが「炎」で締めくくっていたので、その続き的な選曲だったのですが、「残酷な...」「恋文...」とアップテンポな曲が3曲続いて、アップテンポな上にかなりの長丁場な曲「君の知らない...」を含め、運動不足を痛感させられることになりました。

で、手加減無し全開で弾いても、ちゃんと永華ちゃん、もとい、雪瑠ちゃんのヴォーカルに釣り合ってしまうあたり、雪瑠ちゃんのポテンシャルを感じます。繰り返しますが、事前リハ無しです。大事なことなので2度書きました^^;;

いやあ、永華ちゃん/雪瑠ちゃんの歌声は、聴いてて気持ちが良いので、知らず知らず伴奏に熱が入ってしまって、演奏が終わった段階で息絶え絶え?になってる、というか。あ、雪女さまの戦術??なのかしら?^^;;

「カントリーロード」は、大元のオリジナルバージョンではなく、「耳をすませば」挿入歌バージョンのコード進行を使っています。使っていたはずですが、一箇所だけコードが判らなくなって、適当にごまかしたところがあったりします...気付いてない方が多いと思いますが、すいません...

「ゆきねこ」の次回のライヴは、11月15日月曜「ゆきねこのアニソンナイト」@国分寺クラスタ、です。19時半ぐらいに開始。「ゆきねこ」のショートステージの後はオープンマイクタイムとなります。詳しくは、ゆきねこの公式?ツイート https://twitter.com/yukinekomagic にてお知らせする予定です。

とまあ、今回のライヴは、澄んだ高音が良く伸びる声色の永華ちゃん/雪瑠ちゃん、パワフルでストレートな歌い方のKaoriさん、情熱的に歌い上げる実月かがりちゃんと、三者三様のヴォーカルが楽しめて、とても良い(自分への)バースディプレゼントになりました。出演して下さったみなさま、ありがとうございます。

あう、最後に、集合写真、撮り忘れてた...(汗) まあ、その辺りは、自分らしいってことで...^^;;



+++++++++++++++++++++++++

今回も、特に「裏話」はないのですが、「ゆきねこ」というユニットの歴史について書いておきます。

自分が、永華ちゃん(当時は「彩葉」姓を名乗ってなかった、というか、芸名に苗字が無かった)と知り合ったのは、2011年8月、大久保カフェドルチェヴィータでの、(旧)アニソンオープンマイクにて、というのは、永華ちゃんの紹介の記事で書いた通りです。このアニソンオープンマイクは、年に3〜4回開催されていて、折角だから、一緒にやってみよう、と時折組んでいたのが、「ゆきねこ」の原型になります。

この時は、他に2〜3人で組んで出ている方々は、大抵、名前が付いていたのですが、自分を中心にしたユニットは、不定形?で色々とメンバーが増えたり、ヴォーカルが2人の時もあったりで、特に名前がついていませんでした。

名前が無いと不便なことがでてきたせいか、2016年冬の「アニソンオープンマイク」か、その辺りの国分寺クラスタの何かの日から「ゆきねこ」というユニット名にするついでに、中の人にも色々と設定をつけてしまおう、ということになり、「雪女さまの末裔」と「二足歩行する猫」になりました。雪瑠ちゃんは永華ちゃんの弟子、実羽座衛門どのは はぃぱぁきゃっと の師匠、ということになっています。

まあ、ほぼほぼ、大久保カフェドルチェヴィータと国分寺クラスタでしかやってないユニットですが、一応、他への進出も、余力があればやりたいな、でも(特に永華ちゃんが)忙しそうだしな、と躊躇しています。

というわけで、秘蔵?の画像を。そのアニソンオープンマイクでは、毎回、チャンピオンが決まりますのですが、「ゆきねこ」がチャンピオンになった時の画像です。2回なってるうちの1回です。チャンピオンになると、漏れなく、次回の幹事になります(汗)
クリックすると元のサイズで表示します
2018年夏にチャンピオンになった時





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ