春分祭(2019年3月21日)レポートその2  ライブ

3月21日に行った、企画ライヴ「春分祭」presented by ゆきねこのレポート、第2弾です。

*****************************
2番手は、数年前に、ここ国分寺クラスタにて知り合った、クラスタの常連女性陣の中で、ロリータ服がよく似合う1人、花兎あきほさん(読み方は「はなとあきほ」です)。
クリックすると元のサイズで表示します
ステージ衣装は、白飛びしちゃってますが、
花と兎の柄なのです


前半は彼女のソロステージ。弾き語りあり、自分の声を多重録音したコーラス曲ありの、盛りだくさんでした。
セットリストは、
1.トットトコ(アレンジver)
2.おおかみととけい(オリジナル)
3.Storia
4.春に
5.旅立ちの日に
クリックすると元のサイズで表示します
これはリハーサルのとき
クリックすると元のサイズで表示します
本番、弾き語り
クリックすると元のサイズで表示します
オリジナルのミュージカル風ステージ
「ゆきねこ」の雪瑠ちゃんが最前列で見守ってます


そして、後半が、自分とのユニット、「ぴょんぴょん はぃぱぁ」です。あきほさんが「兎」なので「ぴょんぴょん」。それに自分のステージ名の前半をくっつけたものです。

やった曲は、
6.カワルミライ(アニメ「神様のメモ帳」主題歌)
7.Morning Grace(アニメ「プリンセス・チュチュ」主題歌)
8.星間飛行(アニメ「マクロスフロンティア」挿入歌)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

「カワルミライ」は、2月にあった、アニソンオープンマイクの再演。アップテンポで、リズム感命、な曲であるので、2度目にして、ようやく自分になじんできたかな?、といったところ。
「Morning Grace」は、今回初披露。岡崎律子さんの曲なので、気を抜くと、すぐ、コードをミスってしまいますが、何とか乗り切りました。間奏に、チャイコフスキーの「花のワルツ」が(オリジナルとは異なる調性で)でてくるところが、自分としては見せ場なのですが、、、難しかったですf^^;
「星間飛行」は、クラスタではすっかりお馴染みなのですが、エンディングの部分のコードをいまだに把握しきっておらず、この部分だけ、コードを書き出したメモ紙を譜面立てに置いてました^^;;

*********************************

あきほちゃんは、お芝居もやってるのですが、諸事情により今年は舞台がないので、歌に集中できる、とのこと。オープンマイクとかで、ちょくちょくみかけることになるかもしれません♪〜




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ