2021/1/23  さだDAY、無事終了  ライブ

順序が入れ替わっておりますが、記憶がまだ新しい?うちに、こちらのレポートを上げておきます。

このような御時世の中、天候まで怪しくなり、果たして集まってくれる方がいらっしゃるのかどうか、非常に危ぶまれましたが、自分とお店のお二人を含めて、合計8組にて、「さだDAY」、無事、終えることができました...m(_ _)m
クリックすると元のサイズで表示します
お店の入口の看板


奏でられた曲は(さだまさしさん御本人様の手によらないが関連する演目は、括弧内にオリジナルを歌った方を記し、解説を注釈でつけておきます)

駅舎/無縁坂/まほろば/早く家に帰りたい(サイモン&ガーファンクル *1)/フレディもしくは三教街/北の国から〜遥かなる大地より〜/道化師のソネット/秋桜/働くおじさん宣言 *2(嘉門達夫さん)/案山子/縁切寺/長崎小夜曲/天までとどけ/木根川橋/ケンとメリー〜愛と風のように〜(バズ *3)/ホームにて(中島みゆきさん *4)/雨やどり/恋愛症候群/雨昴 *5/主人公

*1 さだまさしさんが大きな影響を受けたユニット
*2 「関白宣言」の替え歌
*3 グレープより前に存在したフォーク系男性デュオ
*4 さだまさしさんと同世代で親交も深い
*5 谷村新司さんとの合作(なのか?^^;)

の、合計20曲。うち、「道化師のソネット」と「秋桜」は、二組の方が演られたので、延べ22曲になります(抜けは無い、、、かな?)。

途中、「この方がこの曲を知ってたとは...」とか「こんな曲もあったんだ...」とかいう驚きもあったりして、皆さんのステージは、各々、印象に残ってるのですが、圧巻だったのは、お店の Ayaさん と Komeiさん が演った「長崎小夜曲」。この曲、歌うのも伴奏するのも難易度が高いためか、他のところでもなかなかやる人がおらず、でも、自分の好きな曲なので、とても嬉しかったです♪〜
クリックすると元のサイズで表示します
熱唱するAyaさんと、ノリノリで演奏するKomeiさん


あとは、おもいがけず、お店のお二人の伴奏をする形で、迷作?怪作??「雨昴」をやることになるとは.....^^;;

ちなみに、自分が(ピアノ弾き語りで)やったのは、最初と最後の2曲。実のところ、最後に「シメ」で歌おうと思ってた曲が、ことごとく出てきてしまったのでちょっと困りかかってたのですが、お店の Ayaさん からのリクエストで「主人公」になり、上手くまとまりましたo^^o

さて、3月に江戸川区某所?で開催される見込みの、本家「さだナイト」に向けて、また、練習?しなくちゃ.....

2021/1/22  明日23日土曜の「さだDAY」  ライブ

日記/レポートが追い付いてない状態ですが、日程が迫ってきたので(迫り過ぎたる?^^;)、先に、お知らせを。

2021/01/23 Sat.「さだDAY」@大久保CafeDolceVita
・13時開店/14時開演/17時頃終演、参加費¥1700で、飲食チケット¥1000分付
※聴いてるだけの人は¥1000で同額の飲食チケット付です。
※会場の詳細は、こちら→ http://cafedolcevita.music.coocan.jp/dolcevita/cafe.html

さだまさしさんに関連する演目限定のオープンマイクです。現段階で、開催できる見通しとなっています。細かい点は、同所で行われる通常の「アコースティックセッション」に準じますが、要点を書いておきますと、
・ステージの順番は、基本、来店順
(諸事情がある方は、個別に承りますので、当日、申し出てください)
・1ステージ、原則、2曲、10分見当
極端に長い曲を演る方は、個別に承りますので...)
・人数によっては、一巡したのち、2ステージ目があるかも。
(持ちネタがない方は、パスもできます)
・お店のギター/ピアノ/ドラムなどが借りられます。
・伴奏、できる範囲内で、承ります。
・また、演奏に自信のない方は、会場内で他の方に助っ人をお願いしてもかまいません。
・マイマイク持ち込みOK。お店のマイクにカバーかけて使うこともできます。
・入場時に、手指のアルコール消毒と、額などでの検温をお願いします。

「さだまさしさんに関連する演目」ですが、当日、ステージ上にて、MCでこじつけられればOKとします(例えば、白鳥座の「かもめ」は、さだまさしさんは作詩・作曲ともにかかわっていませんが、プロデュースをさだまさしさんがやってるバンドなので、OKです。同時期のシンガーソングライターさんで、風貌?がよく似た??谷村新司さんや松山千春さんなどの楽曲は、、、ステージ上ででうまいことこじつけてください^^;;)。

感染症対策については、できる範囲のことをやっておりますが、ご来場される皆様方も、十分にお気を付けください...m(_ _)m

2021/1/20  初ライヴ鑑賞(一部参加?)  ライブ

あわわ、真面目に日記(せめて週報?)にしよう、と思ってたのに、1週間以上の遅れになってしまっております^^;;

というわけで、飲食店が緊急事態宣言に伴い、軒並み20時までの短縮営業となる前夜の1月7日夜国分寺クラスタにて開催されたライブイベント「モグランド」に顔を出してきました。

このイベントは、後半が主催のカニコローシュカの方々によるライヴなのですが、前半がオープンマイクタイムになっておりまして、ちょこちょこっと演奏させていただきました。演目は、季節がちょっと早いのですが、春の曲のオリジナルメドレー「桜円舞曲」。基本枠は同じなのですが、毎回、中に入る曲が微妙に変わります。今回は、春の海(雅楽?)のイントロ→ひなまつり→さくらさくら→さくら(独唱、森山直太朗さん版)→卒業写真(荒井由実さん版)→なごり雪(いるかさん版)→制服(松田聖子さん版)→花(滝廉太郎さん版)、と、全て三拍子にリアレンジして、つなぎました。実は、この組み合わせが、一番最初にこのメドレーを弾いたときのものに近いバージョンで、松田聖子さんの「制服」が入ってるのがポイントです。

とまあ、これだけでやめとくつもりだったのですが、少し時間がたって、常連のギター弾きの方がご来店。で、この方、さだまさしさんの曲の、ある特定の一時期の曲限定ですが、ほぼほぼ、ギターを完コピしてることを知ってたので、こういう状態になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

超激レアです。自分がピアノを弾かず、他の人にギターで伴奏してもらってる図、です。歌ったのは、(ピアノ)弾き語りで何度か玉砕?!してる『パンプキンパイとシナモンティ』☕🍰。1月23日向けの練習、だったのか、どうか...^^;;

それはさておき。

後半の、カニコローシュカの皆様(とその派生形?)のステージは、久々に聴きましたが、圧巻でした、としか言いようがない、見事なステージでした。今回は、新春シャンソンショーということで、シャンソン系のカバーがメインでしたが、最後にオリジナルを聴かせてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
左から、板垣さん、Kieさん、ちえみさん、賀谷さん(サポートメンバー?)

あえて感想を書くのなら、各々のメンバーが個性を存分に発揮しながら、互いの個性を打ち消さず高い次元で調和しているって感じになるのでしょうか? セッションでの飛び入り・乱入を得意とする自分でも、調和をぶち壊さずにここに入っていくのは、至難の技、っぽいです...m(_ _)m




2021/1/13  弾き初め  ピアノ

ことしの弾き初めは、実家の居間のピアノでした。1月3日の午前中、両親ともに外出してしまい、その隙に、30分〜1時間ぐらい。
うちは、両親ともピアノが勿論、音楽ができない(親父は、フォークダンスを趣味の道で究めてますが)ので、実家のピアノは、長期休暇に自分が帰省した時しか弾かれないのです。自分が小学3年生の時に来たピアノなので、よくぞまあ、ここ十数年、ノーメンテナンスで状態が保たれてるなあ、、、と思ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
実家のピアノ


武蔵国に戻ってきた翌日の1月5日、「緊急事態宣言」が発令されると、暫くの間、弾きに行けなくなるかも、というわけで、 国分寺クラスタ の新春バー営業へ緊急出動。
他に誰もいないか?と思ってたら、意外と人数が集まり(それでもMAX10人以下)、ビートルズ好きな方が数人まとまっていらっしゃったので、適当に弾いてたら思いかけずセッションになり、かなり充実した日になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
クラスタ名物「てぬきそば」


その翌日の6日は、大久保のカフェドルチェヴィータの水曜セッションへ、やはり、この先の営業はどうなるのかを確認すべく出動。
開始時点で4人しか居なかったで(自分はトップバッターでした)のんびりと始めたのですが、時間と共に人が増えて、短縮営業(22時まで)の範囲で順番が回り切らなくなるという、珍しい事態になっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
一番最初のお店のお二人によるステージ


++++++++++++++++++++++++

結論として、twitterの方に書いた通り、この先、両店にて自分が主催などをで絡むイベントは、次のようになります。

国分寺クラスタでの、1月18日月曜「ゆきねこのアニソンナイト」と、25日月曜「猫楽器デー」は休止です。
「ゆきねこのアニソンナイト」は奇数月開催なので、次回は3月15日月曜予定です(緊急事態宣言がそれまでに終わってなければ、その辺りの土休日の昼間でできないか、検討してみます)。
「猫楽器デー」は、代替となるかどうかはわかりませんが、土休日昼間にクラスタが「バー営業」をする時になるべく顔を出して、リクエストに応じて(リクエストがなくても?^^;;)ピアノを弾いてる予定です。出没予定日は前日夜か当日朝にTwitterなど参加表明しますので、こまめにチェックしてみてください。

大久保カフェドルチェヴィータでの、1月23日土曜「さだDAY」は、昼間なので開催予定です。13時開店/14時開演/17時ぐらいに終演(さだまさしさんに関連する演目限定の、オープンマイクです。伴奏など承ります)
ゆきねこ主催となる、次回の(定期)「新アニソンオープンマイク」は、3月14日日曜昼間に開催予定です。テーマは「女の子」。
また、自分が頻繁に顔をだしている、毎週水曜夜のアコースティックセッションは、一部を土休日昼間に振り替えて開催するとのことです。かなりの高確率で顔を出す予定で、例によって、参加予定日には前夜か当日朝につぶやきます。気になる方は、お気軽にどうぞ。

2021/1/11  初詣は...(美濃・三河編)  おでかけ

ことしは、真面目?に、ブログを書いていこうと思います、、、といってる傍から、更新が大幅に遅れちゃってますが^^;;

というわけで、Twitterの方では一部公開してますが、初詣のレポです。
諸々の事情から、旧盆と年末年始は帰省せねばならず、その時には、1日、両親を連れて、ドライヴに行くのが定例になっています。

今回は、行先にはちょっと気を遣って、おそらく、地元の人か神社(特に全国の一之宮)マニアでないとどこにあるのだか判らない=さほど混み合っていない?と思われる、美濃国一之宮南宮大社と、三河国一之宮砥鹿神社にしました。
いちおう、どちらも、JRの駅から徒歩圏内なのですが、ワンデイドライヴでは、御袋の車(軽自動車)で出かけるのが定番になっています。最近の軽自動車は、性能が上がってる上、御袋の車は「インタークラー・ターボ」付なので、リッターカー並みに走ります。高速道路の運転は、ちょっと気を遣いますが、山道は速いです

**********

クリックすると元のサイズで表示します
美濃国一之宮南宮大社の本殿。
関ヶ原に近いため、雪が積もってます。
クリックすると元のサイズで表示します
大きな絵馬。
凛々しい黒い丑さんが、くつろいで?ます。
クリックすると元のサイズで表示します
北門付近の「花手水」。
傍らに置かれた餅つき用?の臼には、菊の白地に赤いカーネーションで鳥居の模様が。

南宮大社の主祭神は、金山彦大神(かなやまひこおおかみ)で、日本書紀や古事記にも登場する鉄のかみさまです。
ですが、関ヶ原に近いことから雪がある以外は、長閑な雰囲気の境内でした。
交通規制と駐車場位置の関係で、脇から本殿前に入ることになりましたが、垂井駅からの表参道も歩いてみたいものです。

**********

南宮大社から砥鹿神社へは、名神・東名高速をへて、1時間ちょいの道のり。です。南宮大社は名神高速の支線?っぽい東海環状道の大垣西インターチェンジから、砥鹿神社は東名高速の豊川インターチェンジから、それぞれ、そんなに遠くない距離なので、移動は思ったより楽です。

**********

クリックすると元のサイズで表示します
砥鹿神社本殿。
雲一つない快晴です。
クリックすると元のサイズで表示します
大きな絵馬。
柔和な白い丑さんが牛車?宝船?を牽いてます。
クリックすると元のサイズで表示します
地元の企業?が奉納した、親子の白鹿の像。
時節柄、マスクをつけられてます...(汗)

砥鹿神社の主祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)(=大国主命の別名)です。とても有名な神様なので、説明は不要、ですね^^;; 西参道は、JR飯田線三河一宮駅から国道151号線を挟んで直結してるので、こちらも、歩いてみたいものです。

「美濃」「三河」ときて、どうして「尾張」一之宮である、真清田神社に行かなかったのか、というと、とてつもなく混み合っていそうなのと、自家用車で近づく?のは、ちょっとしんどい、というか、街のど真ん中。最寄りの高速のインターチェンジは、通ってますが、、、ここから、市内へ入るのが大変です。

なお、尾張三ノ宮は、かの熱田神宮。名古屋圏では一番混み合っていそうなので、、、何度もお参りしているということもあり、今回の帰省では、ご無礼させていただきました...m(_ _)m




AutoPage最新お知らせ