2021/9/17  境界を越えるバス/関八州編(その2)  バス

境界を越えるバス 関八州編(その2)
相模・伊豆国境 泉大橋


前回の「千歳橋」から千歳川を2kmほどさかのぼった地点です。
タイミングが悪く?、バスが川を渡っている瞬間は撮れていません...m(_ _)m

クリックすると元のサイズで表示します
橋の遠景
クリックすると元のサイズで表示します
橋の全容

下流の千歳橋と違って、この橋を通る道は、国道どころか県道ですらない模様。地図を見ると判るのですが、川の両岸を各々湯河原町道/熱海市道が走っていて、それを結ぶようにかかっています。熱海市泉地区から最寄りの市街地である湯河原町中心部方面へ行く主要ルートの1つです。

ここを通るバスは湯河原駅から熱海市泉地区の「ゆずり葉団地上」まで行く路線です。行き止まり路線で、終点から先熱海地の中心街方面は、静岡県道102号線が続いてはいますが、峠越えの険路になります。もちろん、バス路線は途切れています。路線が途切れてるのは2km程度で、山道とはいえ舗装されており、向こう側もほぼ1時間に1本程度熱海駅からバスが来ているので、実用性を損なわない?範囲で徒歩連絡できる??、といったところですが...(←「?」マークの数に留意。歩くのに慣れてる人なら楽勝ですが、普段ほとんど歩かない人だと無理かも)

「ゆずり葉団地上」から山を下りてきたバスは、まず千歳川の西岸をしばらく走り、左折して泉大橋を渡るや否や右折、その先に泉大橋のバス停があります。逆に湯河原駅から来たバスは、千歳川の東岸を走ってきて、左折して泉大橋を渡るや否や右折、その先が泉大橋の停留所です。

つまり、泉大橋の停留所は、どちら方向の路線も橋を渡った先に停留所があります。そして、この橋が県境なので、上りと下りで停留所が違う県にある、という面白い事態になっています。


クリックすると元のサイズで表示します
上流側(静岡県側)の停留所と泉大橋
クリックすると元のサイズで表示します
下流側(神奈川県側)の停留所と泉大橋

どちらの画像も、反対方向の停留所が映り込むように撮ったつもり、なんですが、解像度の関係でよく判らないことになっちゃってますねぇ...(汗)

ちなみに、この停留所に来るのは、こんなバスです。担当は箱根登山バス。同社の箱根地区以外の他の路線と同様、系統記号はついていません。コミュニティバスにありがちなサイズですが、市町村境どころか県境を越えるバスなので、コミュニティバス=公営バスにするにはハードル高めです。

クリックすると元のサイズで表示します
ゆずり葉団地上の折り返し場に進入する路線バス


1日の運転本数は、平日11往復/土休日10往復と、海岸線の国道を行く熱海駅〜湯河原駅の系統(全日7往復)よりも多いです。

以下、この地区のバス路線を、県境=旧国境と合わせて考察した「報告書」(もどき?)です。前回同様かなりの長文ですので、お時間のある時にでもどうぞ。

「伊豆」はどこから?、の考察でもあります。

2021/9/11  境界を越えるバス/関八州編(その1)  バス

前記事で予告した「新シリーズ」です。以前に似たようなシリーズを始めかかってポシャってるような気がしますが、心機一転、新シリーズです。

境界を越えるバス 関八州編(その1)
相模・伊豆国境 千歳橋

※類似シリーズを同時展開するかもしれないので、その時はご了承を^^;;

クリックすると元のサイズで表示します
県境の千歳橋を渡る東海バスA51系統熱海駅〜湯河原駅線
※系統番号の"A"は、熱海Atamiの"A"です。

小田原から伊豆下田を結ぶ国道135号線上の、神奈川県足柄下郡湯河原町と静岡県熱海市の境目の風景です。相模・伊豆の旧国境でもあり、すなわち、ここから先は関八州=概ね関東地方の外になります。

背景にある道路標識が読みにくいですが、近寄ってみると、こんな感じになっています。

クリックすると元のサイズで表示します


県境のロードサインと共に、ここで分岐する有料道路「熱海ビーチライン」への案内が提示されています。メインルートの国道135号線は、この先県境にふさわしく?、海沿いとはいえ段丘の上?中腹?を通るため、カーブや勾配がそこそこきつい道なので、初心者and/or週末ドライバーの方々にはビーチライン一択、、、いや、通行料金(6.1kmで470円)を鑑みると、そうは言いきれないところが悩ましい...

県境のロードサインの裏側は、こうなっています。
クリックすると元のサイズで表示します

どういうわけか、神奈川県/湯河原町を示す標識が見当たりません。見落としただけかなぁ?

肝心の橋の全景の写真を撮り忘れてたことに今更気づいています。この橋がかかる千歳川が神奈川/静岡の県境なのですが、ぶっちゃけ、その気になれば(平常時ならば)歩いて渡れる程度の川です。実際、鮎釣りの方々が川の中に入っていました。

しかも、(広義の)湯河原温泉郷は、この川=県境の両岸に跨っています。どうしてこうなったのか、調べてみた「調査報告書(もどき?)」を貼り付けて?おきます。

かなり長いです。

2021/9/7  残暑見舞い  おでかけ

果たして、まだが残っているのかどうか、気になるところですが、ひとまず、

残暑お見舞い申し上げます...

クリックすると元のサイズで表示します
葉月某日、陸前高田某所にて


今週末ぐらいから、このブログにて新シリーズを始める予定です。
乞うご期待、って言っちゃっていいのか、どうか...

2021/1/23  さだDAY、無事終了  ライブ

順序が入れ替わっておりますが、記憶がまだ新しい?うちに、こちらのレポートを上げておきます。

このような御時世の中、天候まで怪しくなり、果たして集まってくれる方がいらっしゃるのかどうか、非常に危ぶまれましたが、自分とお店のお二人を含めて、合計8組にて、「さだDAY」、無事、終えることができました...m(_ _)m
クリックすると元のサイズで表示します
お店の入口の看板


奏でられた曲は(さだまさしさん御本人様の手によらないが関連する演目は、括弧内にオリジナルを歌った方を記し、解説を注釈でつけておきます)

駅舎/無縁坂/まほろば/早く家に帰りたい(サイモン&ガーファンクル *1)/フレディもしくは三教街/北の国から〜遥かなる大地より〜/道化師のソネット/秋桜/働くおじさん宣言 *2(嘉門達夫さん)/案山子/縁切寺/長崎小夜曲/天までとどけ/木根川橋/ケンとメリー〜愛と風のように〜(バズ *3)/ホームにて(中島みゆきさん *4)/雨やどり/恋愛症候群/雨昴 *5/主人公

*1 さだまさしさんが大きな影響を受けたユニット
*2 「関白宣言」の替え歌
*3 グレープより前に存在したフォーク系男性デュオ
*4 さだまさしさんと同世代で親交も深い
*5 谷村新司さんとの合作(なのか?^^;)

の、合計20曲。うち、「道化師のソネット」と「秋桜」は、二組の方が演られたので、延べ22曲になります(抜けは無い、、、かな?)。

途中、「この方がこの曲を知ってたとは...」とか「こんな曲もあったんだ...」とかいう驚きもあったりして、皆さんのステージは、各々、印象に残ってるのですが、圧巻だったのは、お店の Ayaさん と Komeiさん が演った「長崎小夜曲」。この曲、歌うのも伴奏するのも難易度が高いためか、他のところでもなかなかやる人がおらず、でも、自分の好きな曲なので、とても嬉しかったです♪〜
クリックすると元のサイズで表示します
熱唱するAyaさんと、ノリノリで演奏するKomeiさん


あとは、おもいがけず、お店のお二人の伴奏をする形で、迷作?怪作??「雨昴」をやることになるとは.....^^;;

ちなみに、自分が(ピアノ弾き語りで)やったのは、最初と最後の2曲。実のところ、最後に「シメ」で歌おうと思ってた曲が、ことごとく出てきてしまったのでちょっと困りかかってたのですが、お店の Ayaさん からのリクエストで「主人公」になり、上手くまとまりましたo^^o

さて、3月に江戸川区某所?で開催される見込みの、本家「さだナイト」に向けて、また、練習?しなくちゃ.....

2021/1/22  明日23日土曜の「さだDAY」  ライブ

日記/レポートが追い付いてない状態ですが、日程が迫ってきたので(迫り過ぎたる?^^;)、先に、お知らせを。

2021/01/23 Sat.「さだDAY」@大久保CafeDolceVita
・13時開店/14時開演/17時頃終演、参加費¥1700で、飲食チケット¥1000分付
※聴いてるだけの人は¥1000で同額の飲食チケット付です。
※会場の詳細は、こちら→ http://cafedolcevita.music.coocan.jp/dolcevita/cafe.html

さだまさしさんに関連する演目限定のオープンマイクです。現段階で、開催できる見通しとなっています。細かい点は、同所で行われる通常の「アコースティックセッション」に準じますが、要点を書いておきますと、
・ステージの順番は、基本、来店順
(諸事情がある方は、個別に承りますので、当日、申し出てください)
・1ステージ、原則、2曲、10分見当
極端に長い曲を演る方は、個別に承りますので...)
・人数によっては、一巡したのち、2ステージ目があるかも。
(持ちネタがない方は、パスもできます)
・お店のギター/ピアノ/ドラムなどが借りられます。
・伴奏、できる範囲内で、承ります。
・また、演奏に自信のない方は、会場内で他の方に助っ人をお願いしてもかまいません。
・マイマイク持ち込みOK。お店のマイクにカバーかけて使うこともできます。
・入場時に、手指のアルコール消毒と、額などでの検温をお願いします。

「さだまさしさんに関連する演目」ですが、当日、ステージ上にて、MCでこじつけられればOKとします(例えば、白鳥座の「かもめ」は、さだまさしさんは作詩・作曲ともにかかわっていませんが、プロデュースをさだまさしさんがやってるバンドなので、OKです。同時期のシンガーソングライターさんで、風貌?がよく似た??谷村新司さんや松山千春さんなどの楽曲は、、、ステージ上ででうまいことこじつけてください^^;;)。

感染症対策については、できる範囲のことをやっておりますが、ご来場される皆様方も、十分にお気を付けください...m(_ _)m




AutoPage最新お知らせ