スローイン・コースアウト

管理人KAZUYAの徒然日記

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:けんぢ
ブログの写真で見た限りですけど。
パッドもローターも新品であるならば、
『きちんと当りが出る前にスポーツ走行されてパッドが偏磨耗しているのが一番の原因でキャリパーが平行に作動していない。』
でしょうね。

その様に思う理由
このキャリパーのスライドピンの位置がキャリパーピストンよりも車軸に近い方に位置しているためです。
(正直に言って設計自体が悪い。)

ブレーキを掛ける事によってキャリパーピストンがパッドを押しますが、その時にスライドピンにキャリパーが強く押し付けられて動きにくくなります、スライドピンよりも外径側にあるピストンはその後も反対側のパッドが当たり始めるまでにもパッドを押し付けますからスライドピンよりも大きく動き、結果として外側のパッドは外径側が先に接触する事になり外径側からパッドが磨耗してしまう。

新品時にパッド全体が綺麗に当たるようにハンドブレーキなど使って(PVで後ろは減圧されるから)走行し、当たり付けしてから焼入れ、その後にスポーツ走行するようにしていれば偏磨耗しなかった可能性が高いです。

とはいえ、スライドピンの部分は使用限度を超えたクリアランスでしょうね、これほど酷く偏磨耗しているので。

また、キャリパーに使用される鋳造用の金属は極端に硬い材質ですので変形するほどの負荷がかかれば破断すると思います。
勿論鋳造だからというのも変形せずに破断しやすい理由の一つです。

とりあえず走行の少ない中古のキャリパーでも買って実験してみては?
たぶん同時期のアルトワークスと基本的には同じものでしょうしYオクとかで左右セット数千円〜出てますしね。

本職の整備士の方と整備してもこの辺までたどり着けないのは残念でしたね。。。
投稿者:KAZUYA
けんぢさん>
不具合についていろんな可能性があることがわかりました。
ノギスで測ってみてキャリパー口径の差があるか、ハブのガタの有無なども調べてみましたが異常はありませんでした。

スライドピン、ピストンを含めたキャリパー全体の動き、ナックルとの固定ボルトも整備士の人と一緒に確認しましたが、明らかな異常が見られませんでした。

目視で判別しにくいナックルはわかりません。

この状況のあと、少し走ると、左リア外側は改善されてきましたが、右リア外側のアタリはやっぱりイマイチでした。

ちなみにローターとパッドも新品です。

ここまでくると目に見えて不具合のあることではなさそうなので、究極でいえば、ナックル、キャリパーの新品交換するしかないのでしょうが、さすがにそこまでの予算はありません。

もうしばらく走って馴染ませることにします。
投稿者:けんぢ
>以前のブログアップしたときのローターとパッドから、別のローターとパッドに変更していますので、全く同条件ではないです。

この点については現状のローターとパッドでも同じ様になっていますね、写真で見る限りパッドとローターのあたりは以前と同じ傾向にあります。
パッドが磨耗してきているので当たり自体は範囲が広がっていて良くなったと勘違いしてると思われます。


>キャリパーを揺らしガタもチェックしてみたのですが

使用限度の範囲内なのかが怪しいとも思われます。


>平行に付いていない
これはもの凄く沢山の要因が考えられると思います。
キャリパーブラケットがある場合そのブラケットが曲がっているとか、ナックルに直止めならば何らかの理由でナックルが変形している、ハブベアリングがずれてしまっている、あまりにも分解組み立てを行なっているのでスライドピンの当たり面(ブラケットかナックルのね)が平行でなくなっている、ピンではなく相手側に凹みがあるとか(繊細なので0.1mm以下でも影響あると思う)、ボルトの締め付けを繰り返し行なっているのでブラケット側の雌ネジが変形している etc。。。


他にも気になるのは、ローター研磨時の刃物跡がパッドが当たっているところでも未だに残っているところが有るので、まだまだローターとパッドの当りが出るほど走行できていないとも思います。

他にも怪しいのはローターもパッドも研磨しているのでその時の加工に問題があるとかね。
投稿者:KAZUYA
けんぢさん>
以前のブログアップしたときのローターとパッドから、別のローターとパッドに変更していますので、全く同条件ではないです。

キャリパーの固定ボルトに曲がりがあるかもしれないと思い、パッドを抜いてキャリパーを揺らしガタもチェックしてみたのですが、たぶん問題ないんですよね。

>平行に付いていない
これがどういう場合に起こるのかわからないのですが、取付上は問題ないような気がします。

あと、調整代は、ご指摘のとおり基準の5〜6ノッチから1ノッチくらい詰めていました。先日、やり直したときは基準値に戻しています。
その影響で、一度摩耗度合に差が出てしまうとパッドのアタリにわずかな違いが出ているのかもしれません。
投稿者:けんぢ
パッドの当たりですけど、過去記事に氣になるものがあったのですけど・・・
http://air.ap.teacup.com/k_car_drive/4241.html
2017/12/18 21:01投稿のこの記事中の写真、右リアのキャリパーがローターに対して平行になっていない可能性もあるのではないかと思われますよね。
外側のパッドは外径側が内側のパッドは内径側が良く当たってる写真が掲載されていますよね。
キャリパーの開きではなくローターとキャリパーが平行に付いていないのではないですか?

それからハンドブレーキの調整ってどの程度ですか?
ジムカーナの時はレバーのストロークを少なくしたいでしょうから取説やサービスマニュアルに書いてあるような設定よりも少なくしているでしょうけど、街乗りやサーキット走行時は標準的な設定にしておいたほうが賢明です。
そうしないとローターとパッドの隙間が適正値に戻りませんから引っかかりやすいですよね。
ジムカーナの時は会場入りしてからそれ用に設定して帰宅時には元に戻すようにしましょうね。
少なくとも自分が競技者だった頃は皆その様にしていましたので。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ