TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dai
私は固定で使うのでこれにしましたが、移動では重すぎ、不向きと思います。

移動で10m以上となるとこれですかねえ。GR-1800は売ってないみたいだし。
長すぎですか^^
http://www.spiderbeam.com/product_info.php?info=p71_Spiderbeam%252018m%2520fiberglass%2520pole.html

落下防止面倒ですね。私も7メガGPはW-GR-1000Hですが、何度も落下しています。


投稿者:ぶいてけ
おーっ、これなら丈夫そうですね。
ご紹介ありがとうございました。
私はW-GR-1000Hを使っていますが
落下防止にテープを巻いたり面倒です。
今週末のコンテストがんばってください!
投稿者:dai
ロッドはこれなんですが。
http://www.dxengineering.com/parts/dxe-ftk50
割りが入ったつなぎ目にクランプです。
(念のため各箇所ふたつ入れましたが)
かなり丈夫にできてます。
支持は、各セクションにプラ製のGuyリングが6ヶかな。付属しています。
本当は2つステーを取らないと危ないですが、
面倒になるので三角形の1ステーにしました。
風でロッドが共振してもどうかと思いユルユルの柔構造にしています。

投稿者:ぶいてけ
建立、おめでとうございます!
ところで、ロッドのつなぎ目はどのように
していますか?(落下防止策など)
それとロッドの支持なんかはどのように?

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ