TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dai
で、土産買ってくと、ウラにはmade in Chinaって書いてある、っていうやつです。

完全にアンカレジ空港状態ですから、日本の店員さんが殺伐となるのもわかりますよ。

ちょうどいま、上海あたりで渡航制限が掛かったので、うちみたいな商売にはありがたい傾向です
投稿者:Hisa
そうそう。
4Gのスマートフォンはあるけども、一般庶民は「三丁目の夕日」から数歩進んだところなのかな?、と思います。

白川郷にバスで乗り付ける観光客を見ていると、昔の日本のノーキョーさんの団体の雰囲気ですよネ。w
投稿者:dai
680やFT-757のジャンクですら高値で取引されているところを見ると、その頃ってBY1PKが出たー!とか騒いでたころですね。

あっちはいま、だいたい30年前っていうことになりますね。
投稿者:Hisa
TS-690SATとDSP-100を使ってましたので、その雰囲気・背景はよくわかります。

TS-690→TS-570のAF-DSPに失望→IC-746に....と変遷したのが1990年代末期でしたが、およそ20年後に今度はSDRで同じことをやってます。w
投稿者:dai
小型HF機に突っ込みに行ってる私も悪いんですが、最新機種との差の小さすぎを考えるに、直せる機械、っていうのが良いのかと。

カンバック組などの懐かしおじさんもあるでしょうが、eBayとヤフオクとの差は縮まってまして、つまりBY等で活躍してるような気がします。
投稿者:Hisa
それたぶん、使い手の年齢層なんでしょうね。
外付けのDSPを付けなければ目新しい機能が無くシンプルで解りやすいです。
シルバー向けガラケーみたいな感じかしらん?。w
投稿者:dai
ついに73ですか。そうやってダンシャリできないひとが多くて困ります。

TS-690の相場が5万とか明らかにおかしいので、供給を増やしてもらわないと
投稿者:Hisa
まさにIC-7600を処分した後の拙宅が、TS-590SGとIC-7300の併用でした。
手元に届いたIC-7610の実力が解ったので、明日は断舎利です。w

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ