TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dai
近場から38度でBYが平和的に取り込んでくれたらそれがベストなんですが。

こっちからではヒデヨシもマッカーサーも兵站が長すぎて届かなかったですね。
投稿者:Hisa
下手すると、将来はBYvsP5戦争ってのもあるかも知れませんね。

あぁ、ますますケオスの様相。
投稿者:dai
多牌は握れますけど、バレルとえらいことになります。

中華っていうのはその繰り返しですね。また手を広げて押さえきれずにAC3なんかが卓上に出てしまうかもしれないですね。
投稿者:Hisa
多牌、少牌、フリ聴、ノー聴....の四者が、二翻縛りだから平和で上がれないのかしらん?

まあ、私はBYも半島も、民主的になると欧州みたいに民族細切れになると思っています。
投稿者:dai
ひょうたん不沈空母はもうちょい2000kmほど右に漂流すると良いんですが。

左右から挟まれるとむつかしいですね、落ち着いて推移を見守るより無いと思います。
投稿者:Hisa
四カ国麻雀流浪記の行方は、ひょうたん島よりミステリアスですね。

ドンガバチョ....と勝者になるのは誰でしょうか?
投稿者:dai
誰も均衡を破れない四すくみの阿佐田だ哲也だ状態ですね。雀荘の電話頭ボーイだけが丸々太ってますよ。

ボーイに何かあった瞬間に、8Z6ニュートラルゾーンができるのかもしれません。

投稿者:Hisa
どうなることやら、ご近所問題。東西南....で、いよいよ北入ですね。

しかし、またCQゾーンのBYが増えるんですね。
投稿者:dai
あっちが右に振れたらこっちは左に振れるっていうバランスは、暮らしの知恵としておもしろいものだと思いますが、4カ国語マージャンでは、過去に役満振り込んで痛い目に遭ったWはベタ降りだと思います。

あそこは元々BYのものですから元に戻るのではないかと。そしたらこっちも遣唐使船とか勘合貿易とかやることになるかと。
投稿者:Hisa
風吹けば桶屋が儲かる....の現代版ですかね。

HL国では話題にもならず....のようだとも聞きますが、戦時体制だと耳にタコが出来るぐらい言われてるから、感覚が麻痺してるのかも知れませんね。
1|2|34

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ