TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dai
いまちょうど、ミヤケンの写真の踏み絵やってますね。

消費税の凍結をエサにした上手い釣り師です。
投稿者:Hisa
そして、おばちゃんたちの熱い闘いが始まりましたね。

木から落ちるんじゃ無く、選挙に落ちて普通のオバチャンになるのは誰なのでしょうか???
投稿者:dai
いまはネコも杓子もかんたんに代議士になれますが、適性が皆無なのが瞬間でバレて世間から辞職させられてますね。

代議士の家には生まれるモノじゃないと、つくづく思います。
投稿者:Hisa
手続き上問題が無いようにしてる、まるでドコゾの無線団体みたいですね。w

そうなんですよ、今後はよほどバカな権力亡者でも無い限り、矢面に立つ者が居なくなってしまうものと思われます。
投稿者:dai
こちら安定の飛騨は公募という形で世襲するようです。

あまり強すぎない、っていうのが生き残りの秘訣なのかも。
投稿者:Hisa
でも、ヒッタイトは内紛で弱体化して滅亡したという話もあるようですので、強すぎるのは考えもの....なのかも知れませんね。

そういえば、こちらは選挙区の区割りが変わったのでしょう。高名な方がDMを送ってくるようになりました。
投稿者:dai
やっぱりそんなに恐ろしかったですかヒッタイト。

こっちもいま、むやみに未曾有の国難らしいですが、神風が吹くので大丈夫でしょう。

兵站伸びすぎで消費税アップまでも明言してしまったのが敗因になるかもです。
投稿者:Hisa
鉄器ですか。

ミュージカル「王家の紋章」では、憎きヒッタイトぉ〜♪と歌ってましたが、P5で鉄の武器を作っても背後のBYに抑えられてるので海を渡ってまで攻めるチカラが無かったのでしょう。

GもJAも島国でヨカッタです。
投稿者:dai
まあ粘土くらいはどうにかなりますが、問題はカナモノですね。

最初の鉄は輸入品であったはずですが、それはP5製だったりして。
投稿者:Hisa
「貝塚」みたいなものでしょうね。

粘土を見つけたり、井戸を掘ったり。
何かコツがあったのでしょう。
1|2

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ