TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dai
HisaOM、JA3VOV OM、おはようございます。

やって良かったことは、まず第1に伝搬の不思議に目覚めたこと、そしてそれをシェアすることにより、多少はお役に立てたことです。

これで一区切り、次の研究にかかります。どうもありがとうございました。
投稿者:JA3VOV
24時間フル稼働、お疲れ様でした。
リグ・CWスキマー等等ゆっくり休ませてあげて下さい。当方から一番近いRBNでコンテスト時活躍していました。有難う御座います。
投稿者:Hisa
定年退職?!、おめでとうございます。

昔は、若手の自宅警備員の監視員さん....がズッとワッチしていて、開けたら6M以上の特定周波数で喚起する....なんてのもありましたが、自動取得のデータなどが多くなると「なんだ、SSNに関係なくハイバンドでも伝搬があるじゃないか....」という事が明らかになったような気がします。

お疲れ様でした。

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ