TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dai
こんばんは。今朝ほどは失礼しました。調査ありがとうございます。たしかにテスタでAC、DC計っても出ないです。

オペはしてないので電波は出していません。SDRのアンテナコネクタを外すまでちゃんと動いていたというのが不思議です。それまで我慢?していたのでしょうか。

ともあれダメそうですね。RTTYスキマについては、もうすぐできるようになります。NewQS1Rが出るまで、こんな感じでやりますのでよろしくお願いします
投稿者:HYD
う〜ん、ちょっと大変かも。FPGAが逝ってしまわれたような気がします。
 
OCXO側の回路図を見ましたが、出力に整合用のトリマ・コンデンサを入れていました。
また。QS1R側もコンデンサ結合でした。
と、いうことで、QS1R側からの12V位では、火花は出ない筈です。
 
+12VやUSBの+5Vではなく、もっと高い電圧が原因のような気がしますが、思い当たることはありません?? 例えば、RFとか...。

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ