TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者: 7N4QUK
国防軍も短波なんぞをメインに使う状況でもなく、衛星でやそってるわけで、公共の電波を使用する権利がアマチュアにしか認められない傾向にある日本では、5mhzをアマチュアに開放することは国民に使用権を認めることと同じかと思います。一アマチュア無線家であるあなたがいらないというのは自由ですが日本国民の電波使用の権利を拡張することは誠に喜ばしいことかと思います。5mhz帯をやりたいアマチュア局もあるはずです。
4630khzの非常訓練をされている方も真面目に取り組まれておりその方達への中傷はあなたの名誉も損なう行為です。
投稿者:dai
本林OM
おはようございます。恐れ入ります。
では我が国の考え方は?というと
http://www.soumu.go.jp/main_content/000368688.pdf
配分しない。となってますね。

JARLが求めなかった=会員が求めなかったですので、たとえ、MUFやLUFに左右されない、国内周波数としてはもっとも適切な5メガであっても、緊急非常が本来の目的であり、DXやアワードなどには無関係な事柄には誰も関心が無かったのではないかと思いました。

リレーリーグとしてのARRLをもう少し見倣ったほうが良いと思うのですが、狭いJAではその必要はないのかもしれませんね。
投稿者:JJ1WTL
なるほどそういう背景か〜.
アマチュアの権益を代表するはずのJARLが,「ください」のパブコメを差し入れなかったのは:
http://www.soumu.go.jp/main_content/000368687.pdf

分配の背景はご指摘のとおりで,『RESOLUTION 649 (WRC-12)』によくまとめられています(... particularly when they are engaged in providing emergency communications in response to disaster situations, ...):
https://www.itu.int/dms_pub/itu-r/oth/0c/0a/R0C0A00000A0018PDFE.pdf

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ