TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Hisa
オーディオがそうですよね。
昔は仏壇みたいなスピーカーを並べて悦に入ってましたが、今どきのスタジオにはそんなスピーカーはありませんから。
掌に乗るスピーカーでマスタリングされた音源を、仏壇サイズで聴くのは滑稽でしょうし。

ただ高周波の電力増幅部のサイズや寿命などは、そう簡単に変わらないでしょうから、ANA-1000に食指が出ない私です。
投稿者:dai
大艦巨砲主義でまたドジ踏んだ的な感じがすごくしますね。

なお、いまの高校世界史の副読本・資料には、「日露戦争で東郷平八郎元帥がなんとか凌いだゆえに成功体験。のちまでの大艦巨砲主義を招いてしまった」という意味の記述があります。

何が幸いするか不幸せになるかはむつかしいです。
投稿者:Hisa
そうですね。
今後の電子立国の座はインドに廻って行くのでしょうかねぇ?。

ま、いずれにしてもフラッグシップ機というものを買わなくてヨカッタなぁ....と思っています。
投稿者:dai
こんにちは
私のSDRはテルアビブ製なのですが、インド、あのあたりの算数の得意なお国柄には、センスあるキレ者がいるように思います。

私もIC-7300に触発(?)されて、いま再び、SDRにフロントエンド(というかMFJのプリセレですが)など付け足し、アリものバラック組み^^でのIC-7300の再現にトライしています。
投稿者:Hisa
アパッチなんて名前なので北米をイメージしてしまいますが、ニューデリー方面に会社があるようですね。

PCのパーツや周辺機器は個人輸入する場合もありますが、無線機本体やリニアになるとメンテの問題がありますので、決断はナカナカ難しいです。

現在手配中のGU74Bモノは、ご近所でメンテが効くので購入に踏み切った次第です。
投稿者:dai
おはようございます。
アパッチは注目してましたけど、まさか印度であったとは、。ぜんぜん知りませんでした、これはビックリ。さすがです。

イ号は1号じゃなくてもひとつ上だと買い甲斐があるのですが、確かにメンテ考えるとJA製と迷うところですね。

GU74Bは、メーカ製もほぼそれですし、eBayにはたいへんお安くゴロゴロしてますが、、アルファに買い占められてそのままディスコンになってしまいました的タマのようになる可能性も無いことないですね。予備球を今のうちに用意しておいた方がよいかもですね
投稿者:Hisa
あぁ、すいません。
「イタ飯」はSPEの1K-FAリニア、「インドの青鬼」はANAN-100Dの喩でした。

GU74Bも入手困難という説がありますが、どうなんでしょうね?。ロシアン・リニアアンプクラブにでも入ろうかしらん?(笑)
投稿者:dai
こんばんは
サケを一滴ものまないわたしには、イタメシはわかりますが、インドの青鬼、ビールばっかり出てくるのですが何でしょう?

わたしのボケタマはアメリカ発祥で、これがどこのご家庭にもひとつやふたつ転がっているGU74Bとは違い、、世界市場から払底しており、入手にたいへん苦労しました。QTH.comのClassified売ります買いますコーナーでやっとで手に入りました。ドルは高いしやれやれです
投稿者:Hisa
はい、ブランチ(サブシステム)の590GはGU-74Bのゲタ履きでカジュアルに食べに行こうかと。
オーダーして2分チンで頂けますから私の許容範囲です。(笑)

そしてディナー(メインシステム)は暫く様子見ですが、インドの青鬼+イタ飯などを検討しています。

ただ、私の住まいは井上ラヂオ店の本社サービスに比較的近いので、保守を考えると捨てがたいものがありますね。
投稿者:dai
たまげたにお戻りですか。
直熱管じゃないと、3分待つのだぞがつらいです^^

ボケダマで離調の可能性もあるのですが、7メガ、オフセンターフェッドGPなどというヘンなアンテナ使ってたのが原因かもしれません。

幸い見てくれる人が見つかったので、治りそうです。
1|2

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ