TU de JF2IWL Test!・・・バージョン1.0

このブログは3.0にバージョンアップして引っ越しました。 移転先はこちらです↓

 


*このブログはver.3.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWLブログ記事

Misc


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Visitor Locations
free counters

Disclaimer


このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dai
あ、インチじゃないんですね。なるほど
https://www.hammfg.com/about
ハモンド社って歴史あるメーカーなのですね、初めて知りました。

筐体に籠もってもあれですので、USB側のおしりを外しておくと良いかもしれません
投稿者:JG1VGX
QS1RのPCBは160x100mmですが、Euro formatといってある種の規格サイズらしいですね。
Afedri SDRはこれより一回り小さいのでなんというかわかりませんが、あのカナダのケースメーカは規格サイズがスライドだけ(ねじ止めなし)で挿入できるのを作っているのかもしれないですね。

これまでQS1Rの筐体は無駄に大きいだけだったのですが、これで有効活用できたわけですね。

うちは当たり前ですがフィン付けただけなので、筐体はインフルエンザ状態です。

de rin JG1VGX
投稿者:dai
こんばんは、いろいろありがとうございます
VGXさんは丁寧な仕事で^^やってください

筐体は、改めて見るとそうですね。SDR関係ではポピュラーなのかも
投稿者:JG1VGX
流石に空冷効果抜群のようですね。
ウチはフィンだけ付けただけなので、参考にさせていただき、時間のあるとき穴開けに挑戦してみます。

ところで、AfedriSDRも筐体はQS1Rと同じメーカのようですね。

日刊BFニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ