2005/2/23

FT-767GXXの修理  RIGについて

社会人になって、1年半が過ぎた1986年12月に新発売したばかりのFT-767GXXを購入しました。50MHzの固定機が欲しかったんですが、思い切ってローンで購入したんです。
私にとって、新品で買った始めてのHFが出れるRIGであり、いままで大切にしていました。
一度、1999年にYAESUに調整を出したんです。故障とかはありませんでした。2002年まで調子良く動いていました。
最近又動かそうとちょっとチェックしましたら、50MHzのSSB送信が上手くいきません。相当マイクゲインを上げてやっと変調が乗る状態です。CWは問題なさそうです。このRIGにとって、2回目の入院となりました。WDXCに送って、一週間ほどで修理完了です。WDXCの担当の方から詳細な修理箇所の報告を受けました。50MHzユニットの経年変化で調整のみで直ったそうです。あと色々不都合のあるところを見てもらうようにお願いをしてありましたので、発振系のコンデンサーなどをいろいろ替えてもらいました。VFOエンコーダーも悪かったようで、そっくり交換してもらいました。いつも思うのですが、YAESUの修理は、親切、早いです。他社はわかりませんが、結果的にYAESUのRIGばかり所有している大きな理由のひとつです。
久しぶりにFT-767を自宅で使ってみようと思っています。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ