2005/11/26

CMF−1K  FTDX9000D

サガミエンジニアリングのコモンモードフィルター CMF−1Kを購入しました。
LPFで実績のあるサガミエンジニアリングの待望のコモンモードフィルターです。
新発売されるのを待っていた商品です。

購入の目的は、HFアンテナ系のインターフェアー対策です。
50MHzのアンテナ系は、RIG直後にHYK−sp6(サガミエンジニアリング)+
CF−5KL(RF Inquiry) アンテナ直下にCF−50(中部特機産業)を
繋げています。

HFは、あまり出ないんですが、一応対策をとっておきたかったんです。(おまじない)
HFアンテナ系は、RIG直後 LPF50L(コメット)+CF−30S(コメット)+
CMF−1K(サガミエンジニアリング) HFのアンテナは、SG−230+釣竿ですので
SG−230直下にお決まりのトロイダルコアFT−240に同軸を巻いただけです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このCMF−1Kは、ほんとデカイです。
測定データーが添付されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

他社の有名どころのコモンモードフィルターの測定データーも添付されていましたが
それと比べればCMF−1Kの性能のよさが強調されています。本当だったら
ダントツの性能ということになります。良さそうだったらアンテナ直下にも
入れてみようかなと思っています。




2006/7/22  10:52

投稿者:JE3OZB/JA1AGJ

八幡さん
はじめまして。
15WでBCIは、確かに納得いきませんね。
BCIが出るバンド、アンテナ環境など教えてください。

2006/7/18  15:57

投稿者:八幡 久昭

BCIに悩んでいます。200WでもTVIは出ないのですが、15W位でも自宅及び隣家のAC電源を使っているラジカセ・ステレオに音声が入ります。(電池使用では入りません。)
 インターフェアー対策としては、AC電源間にラインフィルターと電源コードをコアーにバイファイラ巻きにしています。
 また、DC電源からトランシーバー間にフェライトコアーにキャンセル巻きしたものを2個直列に入れています。
 トランシバー(IC−756PROV〕リニアー
(HL200BDX)間にLPF50L。
 アンテナ間にはLPF50LとFF50を入れています。フイーダーには、分割コアーを多数いれ、他の機器コードにもコアーを使っています。
 ラジオ等の電源にラインフイルターを入れても音声が混入します。FMには入りません。
 ミッターをアースしても変化ありません。(二階ですので、普段はアースしていませんが。)
 よいアドバイスがありましたら、ご教授ねがいます。



 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ