2011/5/24

DMS-05D MARKUの開発も順調  実験・テスト

'11 ハムフェアで販売予定のDMS-05D MARKU、DMS-05D MARKU ゴージャスバージョンの開発も順調です。

MARKUとなって、専用プリント基板(スタンダード版とコージャス版の共通基板)となり製作がしやすくなっています。共通基板ですからスタンダード版からコージャス版へのアップグレードも可能です。

詳しくは、JI1ANI局のBlogで紹介されています。

ゴージャスバージョンは、電源を大幅に強化しています。±15VでTHAT1512の実力をフルに出す仕様です。抵抗類も新たに吟味された物を採用予定です。

スタンダード版は、昨年の仕様と基本的には変わりがありませんが、ケースの質を上げています。(ゴージャスバージョンと同じケース)基幹部品のOP AMPは昨年同様THAT1510の予定です。

HI-FI SSB愛好者のみならず、DX'er、コンテスターから高い評価を受けたDMS-05Dを再び'11 ハムフェアでご紹介できるのが楽しみです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ