2011/1/23

OZ型3号機カソフロ出力化  実験・テスト

オークションで12SN7GT 2本を手に入れました。

1本は、マツダ製です。
クリックすると元のサイズで表示します

もう一本は日立製です。幸運にもブラックプレートでした。
クリックすると元のサイズで表示します

早速、3号機のカソフロ出力化を行いました。
カソード抵抗は、2号機で10KΩにしていましたが、47KΩにしました。
カソード電圧は0.9Vから1.1Vぐらいになりました。

コンデンサーマイク用のMT管の方もカソフロ化しました。

双三極管2本で4つのユニットがありますが、全てを活用することになります。

クリックすると元のサイズで表示します

12SN7GTは、ダイナミック用にしていますので、3段増幅+カソードフォロア段で2本で4つのユニットを使っています。
やはりノイズは、多いです。真空管に手を触れるとノイズが減りますので、まだ工夫の余地はありそうです。

MT管の方は、V1はパラ接続、V2ので1段増幅+カソードフォロア段です。ノイズは、相当少なくなりました。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ