2011/1/8

カソードフォロアー@  実験・テスト

OZ2号機を使ってカソードフォロアーの実験をしてみました。
従来のOZ型は、出力にOPアンプでボルテージフォロアーにしていないのでハイインピーダンス出力です。マイクプリアンプの後段の機器にミキサーなどを使っていますのでまぁ良かったのですが、マイクプリアンプのRIG直結はどうやら出来そうにありません。
出力にトランスを入れればいいのですが、ゲインを相当失いそうです。

カソードフォロアーにすれば、低くだせるよーとローカル局に教えていただきました。
トランスを使うよりはるかにゲインは維持できそうです。

OZ2号機のV2はパラ接続ですので、パラをはずしてアンプ全体として4番目の増幅ユニット部分をカソードフォロアーにしてみます。

OZ 2/4 カソードフォロアー出力という型になります。

大手術となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはV2のパラ接続をはずします。
V2の入力のユニットのプレート負荷抵抗を47KΩに変更しました。
カソードフォロアーにするユニットにはプレート負荷抵抗はつけません。

グリットリーク抵抗は、V2の最初のユニットは470KΩ、出力ユニットは、1MΩにしました。
ちなみにV1は両ユニットとも、プレート負荷抵抗は47KΩで
グリットリーク抵抗は220KΩです。

V2の出力ユニットのカソードは、1KΩを通してグランドに行っています。
(その他のユニットはすべてカソード接地)
カソードとこの1KΩの間から出力を取り出しました。
カップリングコンデンサーは220μ+0.047μのままです。
出力に今まで10KΩでダンプしていましたが、1KΩにしました。

音出てきました。
12BH7を挿しています。

RIG直結は、まだ実験していません。
OZ2/3(プレート出力)で出力1KΩでダンプした時は、全くゲインが取れませんでしたが、
OZ2/4(カソード出力)で1KΩ出力でまずまず出ています。
500Ωぐらいの抵抗でダンプしても良いかもしれません。

RIG直結なんとなくいけそうな感じがしてきました。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ