2008/11/30

ハードディスク交換 出来ました編  実験・テスト

すぐきた編からいきなり出来ました編です。
あまりにあっけなく出来ました。

一番時間がかかったように思ったのが、XPのリカバリディスクの作成でした。
これは、念のために行ったまでで、今回のハードディスク交換には直接関係はありません。
でも作っておいた方がいいようです。

250Gのハードディスクをカバーに入れてパソコンで認識するかどうか調べてみました。
認識はしているようですが、フォーマットはされていません。

昔DOS時代に20Mのハードディスクをフォーマットするのに何時間もかかった
ような気がします。250Gのハードディスクをフォーマットするのにどれぐらい時間が
かかるか想像も出来ませんでしたが、やってみると20分ほどでした。

お引越しソフトのAcronis Migrate Easy 7.0 をインストールし、説明書通りに進めていきます。すべて自動で行いました。手動だと引越し先のハードディスクのパーティションを
任意に設定できます。自動だと引越し元のハードディスクのパーティションの分割比率と
同じで設定してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

お引越しは30分ほどで終了しました。
新しいハドディスクをパソコンに組み込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

成功しました。コレでパソコン延命を図ることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ