2008/11/16

DSPフィルターキット テスト編@  実験・テスト

キットのDSPフィルターとFTDX9000Dと比べてみます。

ちょうど50MHzでローカル局がQRVしていましたのでその局の聞こえ方を
比べてみます。

FTDX9000DをSSBモードで200Hzにしてみます。SSBモードにしたのは
FTDX9000Dを4KHzに広げて受けた場合も検証してみる為です。

クリックすると元のサイズで表示します

最初はFTDX9000Dの200Hzで聞いた時。この時のノイズ音と信号を受けている
幅を確認します。なるほど200Hzです。すぱっと切れています。

次にFTDX9000Dを4KHzに広げてDSPフィルターキットを200Hzで
通してみます。
ちょっと広めに聞こえます。
FTDX9000Dの300Hz〜400Hzの感じです。
この辺はIF DSPとAF DSPの違いでしょう。

離調していった時ですがDSPフィルターキットの方は音が消えてからすこし
モゴモゴします。信号を受けている局は超ローカル局で59+40dbですから
当然かもしれません。


FTDX9000DのDSPフィルターと比べて少し広めに聞こえることが
判りました。

このDSPフィルターキットの設定を100Hzにすると概ねRIGに250Hz
のフィルターを入れた時のフィーリングです。

切れはさすがにIF DSPフィルターには及びませんが相当満足出来る切れである
ことがわかりました。

クリックすると元のサイズで表示します



2009/1/3  9:37

投稿者:JE3OZB/JA1AGJ

あらま、KDHさん。
1)VRは、出力です。入力はRIGのAFボリュームで調整し、入力調整用のLEDがチラチラ光るぐらいにすればOKです。
2)DIPですので半固定です。あっしは、プラケースにしましたんですぐ開きます。あっしのような使い方ではたぶん半固定で十分です。
3)12Vを供給してます。三端子チンチンですからちっちゃな放熱器付けてます。(ちょっとだけ写っています)。4)これ意外といけます。

2008/12/29  1:19

投稿者:JI3KDH

 こんばんは、ブログではお初です(^^)

 面白そうですね。旧式の無線機を使っているものとしては気になる存在です。以下、素人のツッコミすみません。

1)VRは何をするものですか? 帯域を連続的に変化できるのならいいのですが、そうではなさそう…?
2)もしかして帯域の設定はDIPスイッチ? とすると、何らかの形で箱の外部に出したいですね。
3)電源には何を接続されてますか? それの電圧にもよりますが、7805に小さくても放熱器をつけてやりたいところですが、チンチンになってませんか?

http://www.2333.net/~ji3kdh/weblog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ