2007/2/25

COBRA UltraLite Juniorを使ってみるF  ANTについて

’07 WASの3.5MHzに実戦投入しました。
ラダーラインは、100feetに戻し、推奨されている4:1バラン+4mの3D2V
でFT−900ATに繋ぎます。
給電点は、約11m 両端は風が強かったので5mぐらいでした。
運用場所は、いつもの川口市の荒川土手です。ほぼ南北に張りましたので
ビームパターンは、東西のはずです。
ラダーラインを100feetにすると、FT−900ATでも3.5MHzで
TUNEが取れるときがありました。これは、前回の40.5feetの時より
進歩しました。でも取れない時もあります。コンテストでの運用は、
マニュアルチューナーを併用しました。SSBでの回り込みはありませんでした。

さて、3.5MHzでの実戦での印象は、ずばり 『使えます』
メジャーコンテスト(ALL JAなど)では、どうかわかりませんが
マイナーなら十分いけます。約50%短縮とは、思えません。フルサイズ
とはいかなくても、かなり近いフィーリングです。

昨年のWASの県外局のスコアと比べてみました。

昨年のWAS県外局上位3局の結果
     QSO数 内県内局 Point  Multi  得点
JA7ODY   85   18    157   28   4396
JF3IYW/3  79   13    131   25   3275
JR2AWS/1  72   13    124   26   3224

今回速報値ですが
JE3OZB/1  78   14    134   26  3484 

昨年の優勝局のスコアには及びませんが、第2位に相当するスコアです。
昨年の上位3局は、コンテスターの中でも実力のある局です。

単純に、コンデションなどで昨年と比較できませんが、このアンテナが
50%短縮と思えないパフォーマンスを示している指標として納得のいくもの
と思っています。

7MHzのパフォーマンスも試したくなりました。    



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ