音創り研究会  

クリックすると元のサイズで表示します
飛んだ。聞こえた。は無縁なアパマンハムです...orz。
音創り研究会の頒布品のコーナーは、こちらです。

2021/9/18

手のひらマイク 4号機A  実験・テスト

4号機の製作をしました。

ライト部を取り外します。

クリックすると元のサイズで表示します

小型の蛇の目基盤にポリスイッチ、抵抗、コンデンサを載せます。

クリックすると元のサイズで表示します

PTTライン、ECMライン、8Pラインを繋げます。

クリックすると元のサイズで表示します

完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

430FMは当面4号機でQRVします。

2021/9/16

手のひらサイズ スタンドマイク4号機 @  実験・テスト

100円ショップで卓上で使うミニスタンドライトが気になりました。
ダイソーの3SMD4SMDです。

なんせ本体価格100円ですから一つづつ2個購入しました。

クリックすると元のサイズで表示します

3SMDは、単3電池3本仕様です。

クリックすると元のサイズで表示します

はめ込み式で開けるのに苦労しました。

クリックすると元のサイズで表示します

抵抗1個、電解コンデンサ1個を入れるスペースはありそうです。

4SMDは単4電池3本使用です。

クリックすると元のサイズで表示します

4SMDはネジ止めです。精密ドライバ+で簡単に開きます。

クリックすると元のサイズで表示します

4SMDの方が単4電池のためか、内部のスペースは広くあります。
またネジ止め式ですので4SMDの方が好都合です。

4SMDを使って手のひらスタンドマイク4号を製作してみます。

2021/8/29

手のひらサイズ スタンドマイク3号機  実験・テスト

手のひらサイズ スタンドマイク3号機を製作しました。
今回の3号機は、少し耐久性も持たせるように熱収縮チューブを使ったECMエレメントの保護や、ラグ板を使ってケース内部の配線をすっきりさせました。

ECMエレメント取付部です。この部分を熱収縮チューブで保護します。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

細いグニャグニャフレキ管パイプに通して、先端にマイクを取り付けます。
クリックすると元のサイズで表示します

慎重にグニャグニャフレキ管パイプに細い針金を通して骨にします。
クリックすると元のサイズで表示します

ケース内はこんな感じです。ラグ板を使いましたのでスッキリしました。
クリックすると元のサイズで表示します

左から1号機、2号機、3号機です。
ECMの電源がそれぞれ違います。1号機は単4電池3本
2号機はCR2032 3V、今回の3号機はRIG 8Pマイクからのアクセサリー電源
でした。
クリックすると元のサイズで表示します

2021/7/17

'21 電通大コンテスト  CONTEST

50MHzシングルバンドで参加しました。
このコンテストはCW部門のみです。

クリックすると元のサイズで表示します

思いの外できました。宮城県や三重県から呼ばれたのは驚きでした。

2021/5/3

'21 東京コンテスト  CONTEST

東京コンテスト 144MHz CW部門に参加しました。
ALL JAの50MHzでFT-817+INRAD 300Hzを試して好感触でした。
最初はやはりなかなか300Hzの音に違和感がありましたがすぐ
慣れてしまっていたんです。

今回144MHzの東京コンテストで試します。ALL JAの50MHzより
混信が多く、強力な局が多そうなので受信環境のテストには
もってこいです。
すでに300Hzの音に慣れてしまっていています。
やはり500Hzと比べて楽です。近接の強力な局から離調していく
時に300Hzの優位性が感じ取れます。

クリックすると元のサイズで表示します

思いのほか多くのQSOができました。

2021/3/30

ボリュームとPTTスイッチを取り付けた  実験・テスト

小型スタンドマイク 手のひらサイズ 2号機にゲイン調整用のボリュームと
PTTスイッチを取り付けました。

PTTスイッチは、片側モーメンタリーのスイッチでバネで中点に戻るタイプです。
もう片方はオルタネイトです。
ボリュームは100KΩにしましたが50KΩの方がスムーズなゲインコントロールになるかもしれません。

デザイン的にはほぼ満足しています。

クリックすると元のサイズで表示します

2021/3/27

小型スタンドマイク 手のひらサイズ 2号機  実験・テスト

小型スタンドマイクの2号機を作成しました。
ECMは、1号機の5mm径から6mm径の物に変えました。
ECMの電源は1号機は乾電池でしたが、2号機はRIGの8Pに出ている
電源を利用しました。
ケースを高さの低いものに変えました。デザイン的に気に入りました。
ECMのカップリングコンデンサを1号機の10μFから3.3μFに変えました。
音質的にどう影響するでしょうか。各局のレポートをもらいながら
調整してゆきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

2021/3/5

INRAD CWフィルター  実験・テスト

FT-817・818の八重洲純正CWフィルターは、販売終了となったようで、ヤフオクでも
高騰しています。
今使っているFT-817には、500HZのCWフィルターが入っています。通常使いには、丁度良い広さですが、コンテスト時にはやはり300Hzが欲しいです。

今回INRAD社のサイトから直接通販で買ってみました。INRAD社は、アナログ時代の旧機種のRIGのSSB,CWフィルターを数多く取り扱っています。

申し込んでから13日で届きました。送料は一番安いのを選択し、$20.25でした。

クリックすると元のサイズで表示します

早速取り付けてみます。

クリックすると元のサイズで表示します


2021/2/11

2021 関東UHF  CONTEST

430MHz FMモードのみでやってみました。交信していただいた方ありがとうございます。目標を5万点にしていましたが、届きませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ