音創り研究会  

クリックすると元のサイズで表示します
飛んだ。聞こえた。は無縁なアパマンハムです...orz。
音創り研究会の頒布品のコーナーは、こちらです。

2021/7/17

'21 電通大コンテスト  CONTEST

50MHzシングルバンドで参加しました。
このコンテストはCW部門のみです。

クリックすると元のサイズで表示します

思いの外できました。宮城県や三重県から呼ばれたのは驚きでした。

2021/5/3

'21 東京コンテスト  CONTEST

東京コンテスト 144MHz CW部門に参加しました。
ALL JAの50MHzでFT-817+INRAD 300Hzを試して好感触でした。
最初はやはりなかなか300Hzの音に違和感がありましたがすぐ
慣れてしまっていたんです。

今回144MHzの東京コンテストで試します。ALL JAの50MHzより
混信が多く、強力な局が多そうなので受信環境のテストには
もってこいです。
すでに300Hzの音に慣れてしまっていています。
やはり500Hzと比べて楽です。近接の強力な局から離調していく
時に300Hzの優位性が感じ取れます。

クリックすると元のサイズで表示します

思いのほか多くのQSOができました。

2021/3/30

ボリュームとPTTスイッチを取り付けた  実験・テスト

小型スタンドマイク 手のひらサイズ 2号機にゲイン調整用のボリュームと
PTTスイッチを取り付けました。

PTTスイッチは、片側モーメンタリーのスイッチでバネで中点に戻るタイプです。
もう片方はオルタネイトです。
ボリュームは100KΩにしましたが50KΩの方がスムーズなゲインコントロールになるかもしれません。

デザイン的にはほぼ満足しています。

クリックすると元のサイズで表示します

2021/3/27

小型スタンドマイク 手のひらサイズ 2号機  実験・テスト

小型スタンドマイクの2号機を作成しました。
ECMは、1号機の5mm径から6mm径の物に変えました。
ECMの電源は1号機は乾電池でしたが、2号機はRIGの8Pに出ている
電源を利用しました。
ケースを高さの低いものに変えました。デザイン的に気に入りました。
ECMのカップリングコンデンサを1号機の10μFから3.3μFに変えました。
音質的にどう影響するでしょうか。各局のレポートをもらいながら
調整してゆきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

2021/3/5

INRAD CWフィルター  実験・テスト

FT-817・818の八重洲純正CWフィルターは、販売終了となったようで、ヤフオクでも
高騰しています。
今使っているFT-817には、500HZのCWフィルターが入っています。通常使いには、丁度良い広さですが、コンテスト時にはやはり300Hzが欲しいです。

今回INRAD社のサイトから直接通販で買ってみました。INRAD社は、アナログ時代の旧機種のRIGのSSB,CWフィルターを数多く取り扱っています。

申し込んでから13日で届きました。送料は一番安いのを選択し、$20.25でした。

クリックすると元のサイズで表示します

早速取り付けてみます。

クリックすると元のサイズで表示します


2021/2/11

2021 関東UHF  CONTEST

430MHz FMモードのみでやってみました。交信していただいた方ありがとうございます。目標を5万点にしていましたが、届きませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

2021/1/31

小型スタンドマイク 手のひらサイズ  実験・テスト

小型のスタンドマイクを考えています。手のひらサイズの物です。

マイクユニットは、5mm径のコンデンサーマイク(ECM)です。
クリックすると元のサイズで表示します

グースネック部に使える素材をずっと探していました。
やっと見つけました。配線保護材でやわやわで立ちませんので
針金を中に入れてテンションをかけます。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じになりました。アンプ部の配線、電源をどうするかは
これからです。
クリックすると元のサイズで表示します

2021/1/11

'21 オール埼玉コンテスト  CONTEST

昨年と同じ50MHzのシングルバンドに参加してみました。
規約の確認のためにJARL埼玉支部サイトを確認してみました。
1都3県の非常事態宣言の対応としてマルチオペ部門の中止と移動運用(山などでのフィールド移動運用など)の自粛の案内が出ていました。不要不急の行動としての対応でしょう。

コロナ禍の影響かなと思いますが、昨年春からのコンテストでのQSO数は伸びています。HamLifeを楽しむ方が多くなったのではと思います。
今回のオール埼玉も昨年以上のQSOを目指しましたがQSO数は、少しダウンしました。移動局が少なかったからかもしれません。でも十分楽しめました。

クリックすると元のサイズで表示します

2020/12/20

’20 1エリアAM  CONTEST

QRP 0.5Wで参加しました。
FT−817の送信電力設定でL1にしました。

バンド内は10KHzセパで50.500から900までビッチリです。
3時間のスプリントコンテストですが200qsoUPの局がいらっしゃるのも頷けます。

0.5WだとSが相手局の7以上だと概ねQSOできます。Sが5以下だと
届かないことが多いです。

ほとんど呼びまわりでのQSOでした。
AMの混信時のビート音が懐かしく感じました。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ