ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
防府市向島の旅  

防府市南部の瀬戸内海に浮かぶ小島、「向島(むこうしま)」を訪ねてみました。

▽防府市桑の山から眺めた「向島」
クリックすると元のサイズで表示します

向島はタヌキの島としても有名で、島の入口でぽんぽこ親子が出迎えてくれます。

珍しくないふつ〜のタヌキが国指定天然記念物となっている珍しい島です。

クリックすると元のサイズで表示します

島といっても錦橋(赤い可動橋)が架かっており、本土とは陸続きです。

クリックすると元のサイズで表示します

実はこの橋を渡ってやってくる野犬により、この島に生息しる天然記念物のタヌキは絶滅寸前とか。

なんか皮肉なものですね。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、向島のシンボルといえば錦山(354M)にそびえる電波塔。

早速、登ってみましょう!

クリックすると元のサイズで表示します

ありゃ、NTT防府無線局は鉄塔を残してパラボラ・アンテナが撤去されている!(右)

その横にはNTTドコモらしきアンテナ(左)が・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

こ、これは中国セルラー電話かっ! 『タイム・スリップ』 

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、錦山の山頂はチェーンがしてあり行き止まり!

普通車で行くとUターンさえままならず、濡れ落ち葉でほんまに 『タイヤ・スリップ』 しまっせ!(座布団!) 

クリックすると元のサイズで表示します

やっとの思いで下山途中、瀬戸内海の美しい眺めもちょっぴり楽しめる!

山頂を整備したらもっと、すばらしい眺望が楽しめるはずなのに・・・。
携帯電話のアンテナだけではもったいない!!

クリックすると元のサイズで表示します

さて、錦山から下りる道脇でお稲荷さんの幟(のぼり)を発見。

早速探検してみることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん島の反対側に向かって林道が延びてゆく。

クリックすると元のサイズで表示します

途中から車ではヤバそうになったので、歩くことに・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

険しい山道を歩いていると、ボケ封じ地蔵とであった。

しかし私にはもう、遅すぎるかも・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

などと、のん気なことを考えながら汗を拭き拭きさらに歩くと、突然南側に海が開けてきました。

そして朱色のお社も・・・。

ここが「向島立岩稲荷神社」です。

クリックすると元のサイズで表示します

持参した百円玉をお賽銭箱に投げ入れ、旅の安全(?)を祈願。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、御神体はこの下の岩場にあるらしい。

サンダル履きではあるが、ここまで来たからには拝まぬ手はない。

クリックすると元のサイズで表示します

向島の反対側にこんな所があったなんて!

この鳥居、満潮になると宮島の大鳥居みたいに海面に浮かぶのかしら?・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら御神体はこの巨大な「立岩」のようですね。

※これは私感で、実際に調べたわけではありませんのであしからず





さて山道を下り、住宅地のある北側に戻ることにします。

ここは鴨ヶ峠ため池。
タヌキが泥のお舟を浮かべた所だそうです。(うそです

クリックすると元のサイズで表示します

橋の向こう側が本土・中関。
マツダ防府工場や防府飛行場が望めます。

クリックすると元のサイズで表示します

さていったん錦橋に戻り、県道185号防府停車場向島線を小田(こだ)港まで行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

左の峠道を進むと、田ノ浦海水浴場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが、防長バスの向島の終点「小田港」です。

クリックすると元のサイズで表示します

その昔はバスも車ももっと険しい道を通っていましたが、今は海岸沿いの県道経由でわけもなく到着できます。

では、向島の旅もこれにて終点とします。

取材: 8月15日(お盆ですね)
9



2010/12/3  0:21

投稿者:ボウフ案内人

ありがとうございます!

HIROさんのブログは写真が沢山使われていて、行ったことない人に分かりやすくとても面白いです。

よろしければ、これからもお願いします。

http://ameblo.jp/houfuoya/

2010/12/2  21:49

投稿者:HIRO

こんにちは!
こんなブログでよかったらご自由にど〜ぞ!!

2010/12/1  18:35

投稿者:ボウフ案内人

始めまして。わたくし防府の地域を紹介するというブログを書いている、ボウフ案内人というものです。

こちらの記事を見て、是非私のブログ(作ったばかりですが)で紹介させていただきたいと思ったのですが、よろしいでしょうか?お返事お待ちしております。

http://ameblo.jp/houfuoya/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ