2013/10/19  20:38

雑草合戦  向陽台

この時期ススキをよく見かけますが、決まってその近くにはセイタカアワダチソウが咲いています。ススキとセイタカアワダチソウは色の組み合わせも良く、写真に撮って以前も 記事 にした事があります。

その時に Wikipedia で調べたら、セイタカアワダチソウは『北アメリカ原産で、日本では切り花用の観賞植物として導入された帰化植物(外来種)であり、ススキなどの在来種と競合する。』とあったのでとても驚いたのを覚えています。

先日日暮れ時に、新兵器 K-5IIs を連れて近所を散歩していたら、ススキがセイタカアワダチソウに取り囲まれて壮絶な闘いを繰り広げているのが遠目に見えました。本当は遠目に見えたそのままを写真に収めたかったのですが、その時のレンズは FA★24mm だったので、とりあえずすぐ近くまで寄ってあれこれ撮ってみました。

本丸を死守する白軍と、そこに一気呵成に攻め掛る黄軍と言った感じで撮ってみたつもりです。ちなみに後ろに見える山と展望台は城山公園という名前なので、かつては本当に城山があったのでしょう。って写真でこれだけ情景を文章で説明しているとめちゃくちゃむなしくなりますね_| ̄|○

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K-5IIS, FA★24mm F2

ちなみに、上の写真はカメラのハイライト補正とシャドー補正を共にオンにしています。K-01 にもこの機能はありますが、今まであまり使った事がありません。今回は状況的に必要性を感じたのと、まあ新しいカメラの機能を色々試したいのもあって使ってみました。手前のシャドーから背景の空まできちんと諧調が残っているのは驚きました。

その後もこの場所の事が頭に残っていたので、今度は日中明るい時間帯に K-5IIs と以前お散歩の常用レンズとして愛用していた FA20-35mm を付けて再挑戦して来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K-01, FA20-35mm F4

今日アップした写真はいずれも我が国代表のススキがアメリカからやって来たセイタカアワダチソウに苦戦を強いられている写真ばかりですが、これは言ってしまえば、悲壮感を煽ってナショナリズムを鼓吹する手法ですね(笑)実際はアングルを変えれば形勢が全く逆に見える所も多々あります(笑)

この合戦は中々決着がつかず、最後は共倒れで枯れてしまうまで続くので、次は望遠レンズでもつけて白軍優勢の様子を撮りに行こうと思っています。
3



2013/10/20  19:05

投稿者:Inagy Taka

基地さん
今の家の前に住んでいた団地は敷地内にそれこそ色々な被写体があるし、周りには里山があるしで、本当に最高の場所でした。
その時に写真を始めたのですが、逆にいうと、あの団地に住まなければ写真を始めてなかったと思います。

2013/10/20  19:03

投稿者:Inagy Taka

アローナさん
ありがとうございます。
たかが雑草と言えど、今回はたまたま背景を知っていたので、想像が膨らんで私自身も楽しめました。
草花を撮るのが好きなくせに全く知識が無いので、もっといろいろ知りたいと思う今日この頃です。

2013/10/20  16:21

投稿者:基地

散歩圏内に色々な被写体があって羨ましいです。
近所は住宅地+小学校なのでカメラを持って散歩するのは気が引けてしまいます。
合戦の続き楽しみに待ってます。

http://www.cosmicblue.org/cosmicblog/

2013/10/19  23:57

投稿者:アローナ

とっても、楽しい視点です♪

http://alerna-auto.blogspot.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ