2012/12/13  19:03

K-01 と Q  機材

先日台湾へ行った時に、Pentax K-01 と 義母にプレゼントした Pentax Q10 を撮り比べてみました。その時は条件を揃えるという意識が全く無かったので、今回は条件を揃える事に多少気を使って Pentax K-01 と 我が家用に購入したPentax Q を撮り比べて見ました。

ちなみにこの日は5時前に息子に起こされて遊びに付き合わされました。おかげ様で眠くてしょうがなかったけど、夜明けの写真を撮る事ができました。

今日は4枚アップする予定です。全て ISO125(Q の最低感度に合わせています)、 ホワイトバランス CTE、カスタムイメージ雅で撮っています。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K-01, FA35mm F2 AL
F8, 1/60

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax Q, 01 Standard Prime
F4, 1/250

シャードーから中間トーンは Q の方が大分明るく、まるでハーフNDでも使ったかの様な描写になっています。しかし、この時間帯の雰囲気は K-01 の方が出ていて、私の意図した露出も K-01 の描写です。露出は F8 1/60 = F4 1/250 なので、なぜここまで違うのか分かりません。

ちなみに CTE は今回初めて使いました。日の出の時間帯の独特の雰囲気が感じられる仕上がりで、とても良い印象を持ちました。肝心の画質、特に解像感と諧調ですが、言うまでもなくK-01 の方がシャープでくっきりとしています。特に遠景においてその傾向が顕著だと感じます。また空の描写を見ると K-01 の方が階調も豊だと感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K-01, FA35mm F2 AL
F2, 1/1000

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax Q, 01 Standard Prime
F1.9, 1/1000

次の画像はどちらも絞り開放で撮っています。FA35mm は F2、01 レンズは F1.9 と開放値が 0,1 違います。しかしシャッタースビードはこれに対応する程細かく設定出来ないので、絞り 0.1 (これって何段ですかね?)だけ Q の方が明るい露出になっています。

画像を見ると K-01 の方が大分色が濃くて、コントラストも強い様に感じます。Q の方は朝日に染まったカーテンの色を見ても大分淡い描写です。また、カーテン越しに見える雲等が Q でははっきりと写っていて、一瞬 Q の方がダイナミクスレンジが広いの!?と思いそうになりました。これは Q の深い被写界深度も関係していると思われます。しかし、なぜ同じメーカのほぼ同世代の機種で、設定を揃えて撮っているのに、ここまで画作りの傾向が違うのか分かりません。

素人の勝手な憶測ですが Q はコントラストを低く押さえる事によって、白飛びと黒つぶれを起こさない様にして、かつシャドー部のノイズを軽減しているんですかね?シャドー部のノイズに関しては、一枚目を見ているとそんな気がします。

画質は1枚目の様な状況で遠景のディテールを比べると差を感じますが、2枚目の様な場合だと、ぱっと見では差を感じないかも知れません。家では子供達を良く撮りますが、家族を撮る時も、例えば等倍表示での細かい肌の質感や髪の毛一本一本のディテールを求めている訳ではないので、Q も充分活躍してくれています。

買う前は コンデジのセンサーを使っている Q の画質がどんなものか気になりました。しかし、元々コンセプトの異なるカメラ、フォーマットなので真剣に画質を比較するのもナンセンスな様な気がしてきました。そもそも、今でも一番気合いを入れて撮影に行く時はフィルムの 645 を使っている訳ですし‥‥ 

実際にいくつかの異なるフォーマットを所有してみて思う事は、それぞれ使いたい、持ち出したいと思う状況が異なると言う事です。適材適所で使い分ければ、より幅広い状況で写真を楽しめる様になる事は間違いないので、私は Q の個性と言うのも非常に素晴らしいものだと思います。

にほんブログ村 写真ブログへ 
0



2012/12/14  18:37

投稿者:Inagy Taka

kgr2007 さん

大変でしたね。その後一日無事に過ごされましたか(笑)

私は黒つぶれは OK と思っているわけでもありませんが、空の焼
けた部分で露出を決めているので、K-01 の様な感じになるだろう
と思って撮りました。リバーサルでもこんな感じだと思うので、写
真表現としては自然な感じがします。

一方、モニターで見た瞬間 Q 方はシャドーを持ち上げた様な感じ
があるので、多少の違和感を覚えました。

ただ、ここは仰せの通りで、この傾向を把握した上で使うと、ある
意味便利ですよね。しかし、1/2.3型 のセンサーを積んでいる Q
のダイナミクスレンジは APS-C サイズのK-01 とは比べられない
ほど狭いはずなのに、見かけ上はむしろ Q の方がハイライトから
シャドーまで描写している点は、やはり腑に落ちません。

JPEG 撮って出しで比べているので、カメラ内の画像処理のアルゴ
リズムなんでしょうね。もっともメーカーとしても Q の性格と用
途をかなり絞り込んでこのような味付けをしているのではないかと
想像しています。

ところで、フジの Dレンジ400%拡大ってネーミングからして
強烈ですね。フジのデジカメは使った事がありませんが、フィルム
シュミレーションモードもある様で、メーカー直々のデジタルにお
けるフィルム風画像仕上げにとても興味があります。システムでそ
ろえるつもりはないので、X100 見たいなのをいつか使ってみたい
ですね。

2012/12/14  4:52

投稿者:kgr2007

こんばんは。なぜだか突然目が覚めてしまい、当然ですが寝られないのでこんな時間に(笑
)。
実際にこの夕焼けを目にした時、明るい方だけをしばらく見続けていると目が明順応して暗
い部分が見え辛くなりますが、そうすると上の写真のように見えるのが自然だと思います。
ところが、先に街の方を見入ってしまう場合は暗順応するため、直後に空を見るとしばらく
の間は空が白飛び気味に見えてしまうのは人間の目でも同じはずで、どちらが正解と断定は
出来ないのが難しいところですね。それぞれのカメラを作った人の気分でアルゴリズムが決
まってしまう…のかどうかわかりませんが、ほぼどんな場面でもこの傾向がついて回るよう
なら、それこそ癖として覚えてしまえば却って扱い易いかもしれません。

一般に明暗差の大きな写真を見た時に「明るい方に引っ張られ(てトーンが落ち)る」とい
うと、一括りにそのカメラの癖みたいに片付けられますが、別の見方をすれば「暗い方も(
その暗いままの雰囲気を)重視する」という見方もありなんですね。私の写真もどちらかと
いうとそんなのが多く、明るい方を飛ばしてまで暗部を大きく持ち上げることは少ないです


それと似た話で明部を下げて暗部を上げるHDR処理ですが、どうしても不自然に見えてしま
うその方法よりも、元々のダイナミックレンジが広ければそんなことしなくても済むはずで
…と考えた時、ふと思い出したのがフジの『Dレンジ400%拡大』です。確かS3 Proで採用
されたと記憶していますが、あれ以降フジのデジタル機には標準で付いてくるその機能が、
現在は暗部と明部それぞれのトーンコントロールを別々に設定できるようです。アレけっこ
ういいと思います。

http://kgr2007.exblog.jp/

2012/12/13  23:17

投稿者:Inagy Taka

kgr2007 さん

こんばんは。
そうですね、確かに見るポイントによって印象が変わってきそうで
すね。Q にも K-01 にもHDRの機能はありますが OFF にしていま
す。どうしてこんなに違うんですかね?

2012/12/13  22:27

投稿者:kgr2007

こんばんは。
夕焼けのカット、最初に空を見る人はK-01/街並を見る人はQの印
象になりそうです。QはHDR処理がかかっているように見えなくも
ないですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ