2011/12/27  23:15

っえ!?ぺ・ペ・PE!?  機材

今日実家でお袋が親父のカメラを物色していたらしく、私が実家に着いた時にはカメラを入れてあるドライボックスが床の上にふたを開けた状態で放置されていました。そのドライボックスは私が普段管理しているので別に驚く事もありません‥‥‥が!!私も知らない親父の秘密のカメラ隠し場所があった様で、そこからお袋が今まで見た事も無い物を取り出して来て、ドライボックスの脇に置いてありました。

「う〜ん、何これ?」と思い手に取ってみると..............................!?


クリックすると元のサイズで表示します

なんとオリンパスペンD2とあるではないですか。昨今話題のミラーレス一眼 Olympus PEN シリーズの名前は、元々フィルム時代のハーフサイズカメラに使われていた事は知っていましたが、まさかそれが自分の実家で眠っているとはつゆ知りませんでした。

状態は結構良さそうで、シャッターも多分ちゃんと切れている様です。ただ、裏蓋が固まってしまっていて開けられず、フィルムと電池の装填ができません。また、電池もこの時代のカメラは水銀電池で、現在は手に入らないと思われます。ネットでちょっと調べたら代替え品についての情報もいくつかあったので、その辺も含めこの休み中に少し調べてみます。

このカメラはうちの両親が結婚した当時使っていた物だそうで、これも何かの縁なので、一度オリンパスのサービスセンターに持って行って見てもらい、場合によってはクラシックカメラの修理をしてくれる業者に出してでもこのカメラを使ってやろうと思っています。ちゃんと使える様になるまでしばらく時間が掛かりそうですが、復活したらこちらのブログで登場する日がやってくると思います。乞うご期待!!

にほんブログ村 写真ブログへ 
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ