2009/12/2  23:44

多摩川を渡る  稲城及び周辺

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax *istDL2, Tonika AT-X280 AF Pro

前回の記事で新しいシリーズを初めてしまいましたが、その前の多摩川散策シリーズからアップし忘れていた1枚。是政橋の下には見事なススキの群生があって、冬の傾いた日を受けて、輝く絨毯の様でした。すぐ近くには JR の橋もあります。そこを普通の南武線も通りますが、時々通る貨物線の方がやはり画になる様に思い、かれこれ30分以上待って何枚も狙ってみました。

ちなみに、この場所へ今日再び行ってみたら、このススキの群生は全て刈り取られていました。一瞬何がなんだかわらかず、唖然としてしまいました。

最近撮影に関していくつか思う事があったので、以下に思うままに書かせて頂きます。

今までは JPEG で撮ってノーレタッチ、ノートリミングにこだわっていたのですが、最近 RAW現像とトリミングをする様になりました。RAW現像に関しては、RAW で撮って付属のソフトを使うと、K20D 以降に採用されている仕上がり設定を K10D でも選べる事を最近知って、面白く感じて使う様になりました。また、トリミングは、最終的にはノートリミングが理想と言う考えは変わりませんが、自分が撮った写真にトリミングを施す事で、撮影現場では思い及ばなかった多くの事に気づく事が出来ると思う様になりました。しばらくは撮った写真をトリミングしながら、あれこれ考えてみようと思っています。

* にほんブログ村 写真ブログへ
1
タグ: *istDL2 28-80mm



2009/12/3  23:07

投稿者:Inagy Taka

line さん

ありがとうございます。私は、ススキの群生とその向こう側に広がる
空間に惹かれたて撮ってみたのですが、モニターで確認して、これは
絶対に機関車が必要だ、確信して30分以上現場で粘りましたよ。

今にして思えば、車両を主役として狙ってみても面白かったのに、と
思っています。

トリミングのお話とても参考になりました。私は特に真四角の比率に
は興味があります。ただ、私の場合はファインダー視野率云々等と言
う高度な話では無いのが、毎度お恥ずかし限りで、平たく言えば単な
る失敗写真の救済です。ただ、これも試行錯誤しながらトリミングし
ながら失敗写真を見つめる事で、フレーミングに対する感性が少しは
培われてくれれば、と効果を期待しています。

2009/12/3  20:45

投稿者:line

同じ場所で撮りました。私の場合どうしても機関車優先のアングルにしてしまうので、手前の架線が邪魔だなーなどと考えてましたが、こうして見ると逆光の中のシルエットで捕らえた撮り方も秀逸ですね。銀ギラの電車より貨物列車を選んだのも大正解だと思いますよ。
次回参考にさせて頂きます。
K-7に変えてから視野率100%になったので、あまりトリミングも無くなりましたが、K10の頃はファインダーで見た感じより広く写るので、かなりトリミングしてました。
見せ方として縦横の比率は守る必要も無いわけですから、パノラマ風にしてみたり、6×6風にしてみたりといろいろな表現も有りだと思いますよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ