2009/8/13  23:53

夏空  向陽台

最近は、毎年夏になると、温暖化に依るとしか思えない異常気象が多発しています。被害の規模も年々大きくなって行く様で、毎年多くの死者も出ていて、将来を思うと本当に怖くなります。

今年はいつまでも梅雨が明けない様な、ぐずついた天候が8月に入っても続いていて、中々夏らしい光景に出会う事もありませんでした。そんな事を思っていた8月上旬のある日、ベランダから空を見たら、漸く夏らしい青空が広がっていたので、カメラを持ち出して何枚か撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, Tokina AT-X280 AF PRO
Kodak E-100VS, Epson F-3200

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, FA20-35mm F4 AL
Kodak E-100VS, Epson F-3200

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax MZ-S, FA20-35mm F4 AL
Kodak E-100VS, Epson F-3200

ちなみに、去年は連日観測史上の最高気温を更新する様な酷暑が続いた事と、突然襲ってくるゲリラ豪雨が強烈に印象に残っています。超個人的なレベルで次元の低い話をすると、今年みたいな天気の方が、去年と比べれば涼しい分いくらか過ごしやすく感じます。ただ、早くも農作物が不作で、野菜の小売価格が上がり始めているそうです。また、大雨や台風の被害が各地で起きて至りと、やはり去年より酷くなっている気がします。

経済成長、景気、もちろん大事なのは分かります。ただ、現実に毎夏繰り返される惨状を冷静に受け止めて、更に将来を予測すると、そろそろ優先順位を入れ替える時期ではないのか、との年を年々強くしています。

* にほんブログ村 写真ブログへ
0
タグ: MZ-S FA20-35 AT-X280



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ