2009/2/25  22:30

平尾の梅  平尾

前回の続きです。今日は前回の場所から学園通りという通りを越えて、平尾のエリアに入ってすぐの所で撮った梅の写真をアップします。

この場所の梅が私は好きで、去年もここの梅の写真を撮ってアップしていると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, FA20-35mm F4 AL


次の一枚は、望遠レンズで、遠くにある梅林を切り取ってみました。元々は梅林だったり、農地だった場所に、近年どんどん家が建てられています。今現在も急速に宅地化が進んでいるこのエリアが、10年後、20年後にどの様になっているのか想像もできません。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, DA50-200mm F4-5.6

この場所は高台になっていて、遠くの方に平尾団地も見えます。この日はここまでで時間切れとなり、平尾団地まで足を伸ばせませんでしたが、近いうちに必ず行ってみたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, DA50-200mm F4-5.6

帰り際になって、4羽ほどの鳥(多分メジロ)が梅の花の蜜を求めて、枝から枝へと飛び回っているのに気付きました。ちょうど望遠ズームがカメラに付いていたので、初の鳥撮影に挑戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, DA50-200mm F4-5.6

結果はご覧の通り惨敗でした。動き回る鳥にピントが合わず、構図も決まらず、ただ無駄にシャッターを押し続けただけです。かろうじてアップできそうなのが、唯一上の一枚で、フィルムでなくて良かった、と言ったところです。

ブログランキングに参加しています。ご支援のクリックを是非ともお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ *
0
タグ: K10D FA20-35mm DA50-200mm



2009/2/26  23:44

投稿者:Inagy Taka

line さん

仰るとおり、200mm だと全然届きませんでした。
ただ、200mm でも相当目が回ってきつかったので、
これより長いレンズで、小さくて素早い被写体を撮る腕が私には無いと思います。
望遠レンズで動き回る被写体を撮るのは、非常に難しいと痛感しました。

2009/2/26  18:00

投稿者:line

梅の季節にはメジロが飛び回るのを良く見かけます。
私もこないだ梅の花に群がってるやつを撮ってみたのですが、体格も小さいのでかなりの望遠じゃないと厳しいですよね。ひょっとしてスズメより小さいのでは。

http://gold.ap.teacup.com/line/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ