2008/10/18  23:38

台湾高鐵:弁当編  台湾

リンクを貼らせて頂いている、鉄道写真を中心としたブログ デザイン屋の日々 に時々お邪魔する様になってから、以前に比べると、少しではありますが、電車に関心を持つ様になった気がしています。それもあってか、今回は2007年1月に開通した、台湾の新幹線とも言える、台湾高鐵に乗ってみたくて、前もって予定を組んで、台中まで行って来ました。

今日は表題の通り、台北駅で売られていた駅弁の写真をアップします。つまるところ私は食い気専門です。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F2.8

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F2.8

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F2.8

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F2.8

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F2.8

この日は台中まで新幹線に乗りましたが、目的は台中の隣にある鹿港という古い街並が今も残る町でした。鹿港で撮った写真は明日以降にアップして行きます。

ご支援のクリックを是非ともお願いします。
写真ブログ
0



2008/10/19  23:05

投稿者:Inagy Taka

そうです。台北駅の弁当屋です。以前に在来線の花蓮駅で駅弁を買っ
た時も、これとほとんど同じ様なパイコー飯でした。台湾は食べ物が
おいしいですから、もう少し駅弁のバリエーションも豊富だと嬉しい
です。たしかに、車内で食べるには少し匂いが強いかもしれませんね


グッズのお店は、行きの台北駅ではあまり時間が無かったので、台中
でゆっくり見ようと思っていたのに、台中駅にはそれらしいお店があ
りませんでした。

駅弁の包み紙の車両、高鐵では無いのですか!?先入観で、完全に高
鐵とばかり思っていました。日本の車両って結構外国に輸出されてい
るんですね。そういえば、完全な勘違いかもしれませんが、以前ボス
トンで地下鉄に乗った時に、グリーンラインかなんかの車両が、日本
製だった様な記憶が......

2008/10/19  16:27

投稿者:line

台北駅1階の弁当屋さんですよね。私はどちらかと言うとこの隣の鉄道グッズショップに、行くたびに顔を出してます。
台湾の駅弁は、独特の香辛料が利いてますから、車内で開くと匂いですぐ分かりますよね。駅弁の包み紙に写ってる車両は在来線(台鉄)の新型車両で、日本製の振子車両なんですよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ