2008/10/17  23:35

孔子廟の周りで  台湾

台湾シリーズ、今日はタイトルの通り、孔子廟を見終えた後、車を止めてあった場所まで歩きながら撮った写真をアップします。

数日前にも書きましたが、今台北市内は、再開発の工事が盛んに行われていて、取り壊されかけている古い建物を良く目にします。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F2.8

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, Tamron SP AF 17-50mm F2.8

日本人には馴染みの深い三猿がいたので驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

なんて日光の三猿が台湾に!?と思い、ネットで検索してみたら、三猿のルーツは古代エジプトにまで遡るそうです。論語にも「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿動」(礼にあらざるものを視るなかれ、聴くなかれ、おこなうなかれ)と言う一節があったり、インドでもマハトマ・ガンディーは常に三匹の猿の像を身につけ「悪を見るな、悪を聞くな、悪を言うな」と教えたとされているそうです。(以上Wikipedia 三猿の項より抜粋)日光東照宮の「見ざる、言わざる、聞かざる」がなんで台湾に!?と思った私が無知だった様です。

これで漸く大龍峒保安宮と孔子廟に行った日の写真が終わりです。まだまだ残りがあるおので、後何日台湾シリーズが続くのか検討がつきませんが、おつきあいの程よろしくお願いします。

ご支援のクリックを是非ともお願いします!
写真ブログ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ