2008/6/24  0:22

高幡不動尊のあじさい その2  稲城及び周辺

先日、5月30日に高幡不動尊で撮ったあじさいの写真をアップしたばかりですが、今日はその約10日後の、6月10日に、再び出かけて撮って来た写真をアップします。

クリックすると元のサイズで表示します
Voigtlander Bessaflex TM, Sumer Multi Coated Takumar 55mm F1.8
Fujifilm Superia Venus 400, Epson F-3200

クリックすると元のサイズで表示します
Voigtlander Bessaflex TM, Sumer Multi Coated Takumar 55mm F1.8
Fujifilm Superia Venus 400, Epson F-3200

次の2枚は、心が痛む写真です。つい先日、熊野古道沿いにある石像「牛馬童子」の頭部が切断された事件が報じられていました。最近は似た様なニュースを時々目にしますが、まさかこんな身近でも同じ事が起きているとは思いもしませんでした。とにかく痛々しくて、悲しい様な、惨めな様な、空恐ろしい様な、なんとも形容し難い気持ちになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
Voigtlander Bessaflex TM, Sumer Multi Coated Takumar 55mm F1.8
Fujifilm Superia Venus 400, Epson F-3200

クリックすると元のサイズで表示します
Voigtlander Bessaflex TM, Sumer Multi Coated Takumar 55mm F1.8
Fujifilm Superia Venus 400, Epson F-3200

ブログランキングに参加しています。応援のクリックを是非ともお願い致します。
写真ブログ
0



2008/6/25  10:59

投稿者:Inagy Taka

ボーノさん

タクマー病は今はなんとか一段落です。35mmが欲しくてずっと狙って
いるんですが、人気があるのか玉数が少ないのか、割と相場が高めなの
で、気長に狙っています。

三島由紀夫の金閣寺は恥ずかしながら読んだ事がありませんが、確かに
こういう事をする人間の心理には興味があります。

私も現代人の端くれですが、心の中に目に見えない物への畏怖があるの
で、そもそもこういった行いは罰当たりで怖いです。

いつの世にも、常識では考えられない事をする人間はいると思います。
また、犯罪行為としてみれば、この程度はそれほど大きな罪ではないの
かも知れませんが、こういう事が平気で出来てしまう人間の、心の中に
巣食う病魔、という点に考えが及んだとき、実はとても深刻な問題なの
ではないか?と思います。

2008/6/24  1:14

投稿者:ボーノ

おじゃまします。相変わらずタクマー地獄にハマってますか?(笑)

それはともかく、私が昔住んでいた三鷹でも銅像破壊事件がありました
し、この前撮影に行った、調布の鬼太郎像もしかり。お隣の国ですが、
南大門が全焼した事件は、本当に口あんぐりでした。
破壊に至るまで、犯人の中で色んなプロセスがあるんでしょうが・・・
三島由紀夫の小説に「金閣寺」という作品があって、これはお坊さんが
金閣寺に火を放つ、という実際の事件を元にした小説ですが、犯罪心理
といいますか、人間の心の闇に迫った名作です。不謹慎なのかもしれま
せんが、こういう事件があるたびに「金閣寺」を思い出してしまいます

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ