2008/3/2  23:50

朱銘美術館  台湾

台湾シリーズの続きです。

金包里老街で昼食を済ませた後は、やはり同じく金山にある、朱銘美術館へ行きました。私は美術は全くの門外漢なので、詳しくはリンクを参照して頂きたいのですが、朱銘と言う人はNYやパリ等海外でも高い評価を得ている、台湾を代表する彫刻家だそうです。

展示自体がとても大きいので、美術館の敷地はまるで遊園地か何かの様に広大です。玄関口で下の写真のモニュメントが出迎えてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, FA20-35mmF4AL

メインは屋外に展示された大きな彫刻ですが、まずは入り口から外へ出るまでの通路にも色々な展示あります‥‥というか、最初メインが屋外の彫刻とは知らなかったので、こういった中国風の絵画等を中心に展示してあるのかと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, FA20-35mmF4AL

外に出るといきなり落下傘部隊が出迎えてくれます。玄関口のモニュメント、先程の壁画、それぞれ雰囲気があまりに違うので少し驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, FA20-35mmF4AL

次の写真も屋内の展示ですが、これはこの後に展示されている大きな彫刻の説明をかねたミニチュアです。ここまで来て漸く、どうやらポップアートの美術館らしいと気付きました。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, FA20-35mmF4AL

明日以降に面白い展示の数々をアップして行きます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ