2007/11/23  23:58

クロスフィルター  機材

昨日のニュースで、相模湖や高尾山の紅葉がこの3連休は見頃を迎えると言っていました。今年は紅葉を目当てに3度出かけましたが全て不発でした。今日こそ最後のチャンスと思っていましたが、寝坊して行きそびれてしまいました。仕様が無いので家でのんびりして、夕方から町田へ自転車で買い物に出掛けました。

街へ出てみると、既にイルミネーションの季節です。後述しますが、イルミネーションに対しては前々から思う所があって少し複雑な心境です。しかし、その辺りの心情も含めて写真で何か表現出来ればと思い、今年はイルミネーション撮影にも挑戦してみようと思っています。そのためイルミネーション撮影の必需品とも言える、クロスフィルターを買いました。色々な種類があるのですが、とりあえずは店頭に在庫してあった中から、値段も手頃だった marumi のDHGスタークロスフィルターを買ってみました。

まずは東急ツインズのイルミネーションで試し撮りした写真をアップします。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax K10D, FA20-35mmF4AL, クロスフィルター

こんな写真を撮って喜んでおいて言うのもなんですが、今これだけ温暖化問題が切実に成っている時に、街を彩るイルミネーションが、最も無駄なエネルギーの浪費の一つである事は間違いない事実だと思います。もちろん経済効果が見込めるんでしょうけど、経済効果の名の下に、これ以上無駄な CO2 排出を続ける余裕があるのでしょうか? 特にイルミネーションの場合は、実生活に必要不可欠とは到底言い難く、直接の効果としては、『わ〜きれい!』だけですよね。

ニュースの中の特集や、時には特番まで組んで温暖化問題を取り上げているTV各局が、何処かで大きなイルミネーションの点灯があると、それによる CO2 の排出量の増加等を気に留める事も無く、桜や紅葉が見頃を迎えたのと全く同じ様にニュースで扱っているが理解できません。

話が少しそれますが、私は今の原油高騰は、長期的に見ると人類の未来にとって良い事なのではないか、と考えています。これを機に少しでも無駄なエネルギーの浪費が抑制される方向に向かう事を切に願っています。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ