2007/5/31  22:52

玉川上水公園 その2  世田谷周辺

昨日の続きで、火曜日に実家の近くの玉川上水公園を散歩した時の写真です。

子供の頃、家の脇にどくだみがたくさん生えていて、麦茶と一緒に煎じて飲まされていた事があります。薬草で体にはいいのでしょうが、とにかく苦かったのを子供心に覚えています。どくだみが群生しているのを見るとあの香りを思い出します。苦味や口の中に広がる香りまで知っているのに、どくだみに花が咲くなんて今の今まで知りませんでした。中々きれいな花ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax *istDL2 DFA50mm Macro F2.8

最近恒例のマクロの接写です。またしても名前は不明の花ですが、これくらいピントが合ってくれると思わずガッツポーズが出そうになります。ある意味会心の一枚です。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax *istDL2 DFA50mm Macro F2.8

さらにもう一枚どくだみの写真です。群生しているどくだみの中で、アジサイが青一点目を引きます。

クリックすると元のサイズで表示します
Pentax *istDL2 DFA50mm Macro F2.8
0



2007/6/2  22:44

投稿者:Inagy Taka

凪さんこんばんは。

またまたとても興味深い事を伺いました。ありがとうございます。
平尾の第5保育園となりの戦没者墓地公園へ行った時に、その当時の
このあたりの様子や、戦争の事等に思いを馳せました。

おっしゃる通り、昔の様子を想像しながら現在ある物を見るのは、本
当に楽しいですね。時には現実すら忘れさせてくれて、格別な思いが
します。

教えて頂いた道は近々必ず歩いてみます。

2007/6/2  2:52

投稿者:凪

こんな時間ですが…こんばんわ。
どくだみの花大好きです、清楚でデザインが優れていると思います。写真、綺麗ですね〜。

日付変わって、昨日新百合ヶ丘に用があって、行きも帰りも尾根路を通りました。
第二次大戦の始まった頃、あの路を大勢の兵隊さんが
ザックザックと地響きををたてて鶴川街道に抜けて行ったのだと、尾根路の入り口(新百合側)から少し入ったお宅のおじいさんに聞いた事があります。
「あんなに大勢の人が一度に通ったのは、跡にも先にもあの時が一番だろうよ」と話してました。
 尾根路を出ると車の行き違いの出来ない程の道に出ます。
そこが、世田谷通りの旧道です。
左に向かって歩くと小さな川にぶつかります。
右は世田谷通り(見えています)左の川沿いは、今で言う平尾大通りの旧道です。

 お出掛けの際は、入定塚公園をつっきって鉄塔の後ろ辺りを左に行ってくださいね。
右にも興味をそそられる小路がありますが、五力田に抜ける路です。
昔の様子を想像しながら、古道を歩くのは楽しいですね。
道々、鳥の声に耳を澄ませると雛らしき鳴き声やら、
運がよければコゲラ(キツツキ)のドラミングも聞けますよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ