どん研究所メインサイト

どん研究所、どんちゃん、EMC2などにかかるホームページ、掲示板などのメインサイトです。

 
■このサイトの目的は、私自身の記録簿であり資料集で他人に公開する意図を持ったものではありません。■閲覧や書込みは歓迎ですが、株式関係で公開できない部分はメンバーズ・オンリーとしました。新規登録は受けていませんが、どうしても閲覧したい方は、実名で私にメールしてください。(メルアド: emc2ty@hotmail.com ) ■アクセス数増やしやこのサイトの紹介などは興味はないので、そのようなご配慮は一切いりません。

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

プロフィール

           どん研究所、どんちゃん、EMC2  (1941年生まれ、社会制度研究家)
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
再放送を願う。そしてDVD化も願う。この時代の日本の姿も封印されているから。
合作でありながら日本のみの放送のようだ。

 、
投稿者:emc2
対応できると思いますので、私のメルアド: emc2ty@hotmail.com ) に住所氏名を書いて、メールしてください。
投稿者:set
emc2様
費用はお支払いしまますの是非dvdを下さいませ。
宜しくお願い致します。
投稿者:emc2
書込みありがとうございます。
このところレコーダーの整理をしていまして、見たら「その人の名を知らず」をDVDに落とすための元データがハードディスクに残っていました。これがあれば、等倍コピーの5時間程度でDVD(VRモード)の作成が可能です。経費は、材料費と送料ですが、よろしければ、メールください。ただし、お手持ちのビデオより画質がいいかどうかはわかりません。保存や扱いは楽ですが。
投稿者:真子
私もVHSテープに残していますが、CMが入っていたりしますし、状態もよくありません。笠井役の原田芳雄さんが亡くなられた時に、再放送を期待したのですが、これからも再放送はないのですね。残念です。
投稿者:2ub
拝復 拙い感想に真摯なご返信をありがとうございました。誤字だらけの感想でしたが、どん様の核となるものに触れられたなら、こちらこそ幸いです。
が、アホな只の主婦ですので社会情勢や株なんて、トンと縁遠い読者です。それでも、お許しいただけるなら、また、投稿させて下さいませ。
凡その方がご存じないドラマの、思いがけない邂逅へのメールに、本当に、心温まるご返信をありがとうございます。ネットの世界が希薄なものではないと、教えてくださいました。重ねて、本当にありがとうございます。草々

追伸
つい、ご返信が嬉しくて更に送信してしまいますが、どん様はどうか、この送信は流して下さいませ。ご多忙と、お身体のしんどさを思えば、こういう返信も、本来は送信すべきではないと、存じております。
どうかこのメールが、ご負担になりませんように。
長々と、失礼いたしました。かしこ

投稿者:emc2
ご丁寧な書込みありがとうございます。
 私も、人生は、いろいろな人や物、考え方などとの「邂逅」によって大きく展開していくものだと思っています。数10年前に「その人の名を知らず」というドラマに出会い、そのことを私のサイトに書いたところ、2ubさんとここで出会うことができたことに、思いを深くしています。
 中国との関係は、今はギスギスしています。しかし、日本が西欧と接触を深める以前は、中国が思想や技術の大きな流れの源流であったこと、その自然や構造物が日本にはない雄大さを持っていることなどで、私の憧れの対象です。多くの日本人が、そんな舞台で活躍したいと思ったことでしょう。私の父もそうだったらしく若いときに中国に渡ったようです。
 このドラマは、明治45年に中国で起こった辛亥革命の時代の話です。実は私は歴史には弱いのですが、この辛亥革命についてNHKの特集があり、録画はしたもののまだ見ていません。株ばかりにかまけていないで、取り組みたいテーマのひとつです。今後ともよろしくお願いします。
投稿者:2ub
拝啓 貴HPを感慨深く拝読いたしました。
初めまして、2ubで投稿いたします、森令子と申します。
ふと、原田芳雄を懐かしみ、かつて好きだったドラマを探していて、貴HPにたどり着きました。
仰る通り、本当に骨太ないいどらまでした。大好きでした。
今でも、沢口さんのしっとりとした日本女性の美しさ、思い出します。そして、澪つくしの頃から格段に成長された演技を我が子の成長のように、喜美ました(偉そうに、はい。失礼しました)
そして、藤さんのニヒルなアウトロー。あの時代、ああいう日本人がもっといたなら、中国のみならず、もっと日本は大人な国になれたのかなあ、と。あの頃、大学生でしたが、考えさせられました。もちろん、ドラマの絵空事ですが。そして、藤さんとチャイニーズの美しい女性との納屋みたいな小屋でのラブシーンの後の睦みあう姿と、藤さんの言語を超えた色男ぶりは、今思い出してもぞくぞくします。(結局、そこか・・。)
魯迅の詩に、残酷なまでに厳しい美しさを感じさせてくれたドラマでした。あの詩は血を流して国を改革した人でないと、詩えない詩だと、痛感しました。貴重な思い出のシーンを拝見させて頂けたこと、心より感謝申し上げます。素晴らしい邂逅をありがとうございます。
末尾ながら、どん様のますますのご活躍を陰ながらお祈り申し上げます。季節の変わり目、お身体ご自愛くださいませ。また、お邪魔させてくださいませ。かしこ
投稿者:emc2
対応できると思いますが、条件がありますので、下記にメール下さい。
  emc2ty@hotmail.com
投稿者:小峯茂嗣
はじめまして。
HP拝見いたしました。
私はこのドラマを偶然見ていたのは大学受験の浪人の時期で、このドラマを見てアジアの近現代史と紛争問題に目を開き、その後はアフリカの紛争地域でNGO活動しながら、現在は国際関係を教えています。
DVDをお貸しいただけれ場と思い、ご連絡させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

AutoPage最新お知らせ