六弦つれづれ道中

京都を中心に活動する歌唄い・ギター弾き・角谷ヒロヨシのブログです。ごゆっくりどうぞ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:けんご
ネットを色々と見ていて林健太郎さんを知りました。
どうしてかこの記事をうけてコロナ禍で自暴自棄になりかけていた自分が恥ずかしくなりました。
俺も林さんのように熱くもう一度がんばろ。
投稿者:non
初めまして。
けんちゃんとは私もアメリカ村で一緒にバイトをしていた者です。こうしてけんちゃんのことが知ることができてスマホというのはありがたいですね。
けんちゃんの家にジェームスディーンの点画があったのを思い出します。
まさか旅行先の朝のニュースでけんちゃんの死を知ることになるなんて思ってもみませんでした。信じられなかったし泣きわめき旅行をやめて帰ったものでした。けんちゃんの死から10数年後に偶然妹のメグと出会い昔からの願いであったけんちゃんのお墓まいりをすることができ心が落ち着きました。
こうしてけんちゃんのことがコメントされていることに感動です。
投稿者:かっこ
初めまして。
健太郎くんとはミナミのアメリカ村で一緒にアルバイトをしていました。
ジェームス・ディーンに憧れた、真っ直ぐで熱い少年でした。
今でも私の中では赤いスイングトップを着た少年のままです。
東京で役者になると未来を語ってくれた少年のままです。

メグさん、ここを見られているか分かりませんがお兄さんはあなたのことをとても大事そうに私に話してくれました。
メグという名前は「魔女っ子メグ」からとったという話も嬉しそうに話してくれました。

ここにも彼を忘れずにいる人間がいることを伝えたくてコメントしました。

投稿者:migo
Wikipediaで事故のことを知り、どんな俳優さんだったんだろう?と調べていたら、このページにたどり着きました

これほど詳しく林氏に触れられたページは他になく・・・。

Wikipediaで俳優A(仮名・当時21歳)、とだけなっていた人物がどんな人間だったか・・・を、知る唯一のページでした。

これからも、思い出を綴ってほしいです。
このサイトを訪れた人が、林さんの生きた証を一生忘れないことでしょう。
投稿者:Kaku-chang
meguさん

このようにコメントいただけたことに心より御礼申し上げます。

逆に大変失礼になってしまうのでは、、、と、記事の削除を何度も考えましたが、彼の生きざまとその人柄に感銘を受けた友人の一人として、あえて消さずに残させていただいています。
彼の魂は今でも自分の中で糧となり勇気を与え続けてくれています。

コメントをいただいて正直、涙が出てしまいました。

こちらのほうこそ本当にありがとうございました。


http://air.ap.teacup.com/blues-rock/
投稿者:megu
健太郎の妹です。
今さらながらですが、兄のコト書いてくださって
ありがとうございます。
たまたまこのページに入りこんだのですが…
とっても嬉しかったです。
本当にありがとうございました
投稿者:kakuchan
きたむー様

ありがとうございます。
僕には良い友人がたくさんいて、本当に幸せ者だと思います。
投稿者:きたむー
気持ち伝わってきます。

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ