六弦つれづれ道中

京都を中心に活動する歌唄い・ギター弾き・角谷ヒロヨシのブログです。ごゆっくりどうぞ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Kaku☆tanny
Toshizoさん

最近になってようやくジョージのギターの「味」がわかるようになってきました。
特にスライドプレイは必聴です☆

>リバプール訛り

おおっ☆
その表現、よくわかる気がいたします☆

一聴して、あ、このギターは○○だ!
と言ってもらえるようなギターが弾きたいもんですね☆

http://air.ap.teacup.com/blues-rock/
投稿者:Toshizo
いいお話を伺いました。
僕も、ジョージが大好きで、ギタリストとしても尊敬しています。

かつて、エリック・クラプトンが、「このスライドはジョージにしか弾けない」と語っていたことがあります。

表現が上手にできませんが、ジョージのギター節は、どこかリバプール訛りがあるように感じ、それが魅力的です。

ところで、スライドの話なんで、最初のうち、どこで▲ポールネタが出るのか?と思ってしまいましたw

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ