がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
岡山の内科医さま、おはようございます。

私も3月までは24時間×365日すべてが実働かオンコールだったので(しかも実働がやたらと多い)、なかなか全医連に積極的に参加できませんでしたが、4月からは時間的にも気持ち的にもゆとりが増えたので、もう少し積極的に動けるかなあと思っています。

全医連は、医療側からも政治からも国民からも、認められる団体になっていった方がいいと考えています。黎明期から充実期に向かう時期かなあと。
投稿者:岡山の内科医
hirakata様、ご報告有難うございます。

>実働で63.3時間、残りの時間もほとんどオンコールの日本の医師
のうちの一人です。田舎に住んでいるのと、救急病院勤務なので、とても参加できる環境になく、時々ネットで情報収集をしている程度です。

>こうやって見てみると、要所要所で意見を表明しています。

 まさしくhirakata様のご意見どおりだと思います。私も、「良いタイミングでちゃんと意見表明されているな」と常々思っていました。また、メディアに窓口があるのが素晴らしいと思います。
私のように、参加はしていなくても、全国医師連盟の表明される見解に共感している医師は多数いると思います(私の医局の同期だけでも数名います)。活動の更なる発展を願っております。
投稿者:hirakata
風はばさま、こんばんは。

疲れましたけど、楽しかったです。勝谷さんの話で、医師にみんな聞いてもらいたいと思ったのは、世間の人は「お医者さんはみんなお金持ち」と思っているということ。勝谷さんは昔の開業医の家に産まれたため、普通とは随分違う金銭感覚で育ったようです。昔の開業医と今の開業医では収入がだいぶ違うと思いますが、人々の感覚は昔のまま。だから先日の財政審の建議みたいなのが出てきちゃうんでしょう。何とかならないですかねえ、「医者は必ずお金持ち」という人々の感覚。歯科医がお金持ちというのも、まだ根強く信じられていますし。
投稿者:風はば
お疲れ様でした。

ユニオンの話は聞けませんでしたが、勝谷さんの話だけでも十分に行く価値はあったと思います。

また宜しく御願いします。
AutoPage最新お知らせ