がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
町医者さま、こんばんは。

全体のどこかで効率化するとしても、その恩恵を受けるのは医療機関にならないのに、手間とコストは医療機関に降りかかってくる。それをごり押しすることがなぜ正義のような話になっているのでしょうね。

地上デジタル放送も国策で進められていますが、これは設備さえ用意すれば大体見られる。でもレセプトオンライン化は、レセプトコンピュータを入れていない開業医にとっては、入れればいいという問題ではなく、越えなければならない壁が高すぎる。なぜこれをごり押しするのか。「医者は厚生労働省に絶対服従すべき存在」と思っているのでしょうね。
投稿者:町医者
オンライン化したら本当に「効率化」するんでしょうか?

以前書きましたが、「効率」というからには、分母と分子があるはずです。分母は総医療費として、分子は何でしょう?
支払い側におけるレセプト審査費用の減少でしょうか?
オンライン化したら、支払い側の人員がこれくらい削減でき、これくらい人件費を減らせるというような予測ができているという話を聞いたことがないんですが、あるんだろうか。
それもなしに、ただ「効率化」とお題目だけ唱えているだけじゃ、先生言われるように「唯一得をする経済界の手先」です。

我々診療側は、電子化することで記載漏れや誤記などの不正チェックを自分たちで簡単にやれるようになれますから、大規模医療機関は多くが既に電子化している。今、できていないのは、電子化してもする方がよけい金がかかる小規模医療機関だけです。ですから全体として見れば診療側もオンライン化したら「効率」が悪くなる。

義務化する「効率化」ってのは、何?
AutoPage最新お知らせ