がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
れいさま、こんにちは。

治療をしながら痛みも取っていけるようにと、現在たくさんの人が頑張っているところです。緩和ケアの定義も、昔は「治す治療に反応しなくなった人」という定義でしたが、2002年からの定義では「命にかかわる病気があり、痛みなどの問題があればそれに対応する」となっています。新しい定義に基づく緩和ケアが「あたりまえ」になるように、さらに頑張りたいと思います。
投稿者:れい
こんにちは。

治療をする上で、ペインコントロールは非常に大切なことに思います。痛みが強く長引けば、それだけで気力も萎え、前向きな治療努力を放棄したくもなります。免疫機能も大きく低下するのではないかと思います。病気の治療=痛みの我慢という面がなくなることも願います。
投稿者:hirakata
町医者さま、こんばんは。

緩和ケアセミナー、お役に立っているようで嬉しいです。「緩和ケアセミナー」は全国統一プログラムで、全国のがん診療連携拠点病院を中心に行われています。私はまだ主催者になったことはありませんが、講師としては参加し始めています。

統一プログラムも回を追うごとに進化していますが、実践に役立つのは今回体験していただいたとおりです。各拠点病院で毎年1回ずつ、少なくともあと3年ぐらいは、やらないといけないことになっています。是非知り合いの開業医の先生たちにも、勧めてみてください。
投稿者:hirakata
おかださま、こんばんは。

「心の痛み」は対応が難しい問題を多く含んでいますね。病気になることは多くの人の予定に入っていませんから、気持ちにとってマイナスな要素ばかりです。医師から告げられることもマイナスの要素が多くなるし、体調の悪さも気持ちにはマイナスになるし。緩和ケアでは「心の痛み」とか、もっと根源的な「魂の痛み」のようなものとか、そういうものにも対応していますが、体の痛み以上に心の痛みを完全に取るのは(取れたという評価の方法も確立していないので)難しい場合も多いと感じます。まあ、患者さんと笑顔で日常会話ができれば、心の痛みがない状態になっているかなという、ある種のバロメーターは持っていますが。
投稿者:町医者
私は、田舎町の開業医(町医者)なんですが(がん診療医ではない)、その「緩和ケアセミナー」を受講してきました。在宅がん患者を診る機会があると思ってのことで、そしてそれが今まさにあって、さっそく役立っています。
「緩和ケアセミナー」は、私ら町医者でもがん緩和ケアができるように非常に実践的に組み立てられていました。

今、その患者さんは、全く痛みのない状態です。
最初、吐き気、嘔吐で苦労しましたが、これも講義であった方法を使うことでうまくコントロールできました。
今は、食欲不振が最大の悩みです。

おかださんが書かれている「心の痛み」ですが、これも講義でやられていた、いわゆる「スピリチュアルペイン」ということなのかな。

ただ、このセミナーの参加者は少ないように思いました。これは全ての開業医が、在宅診療をやっている開業医全てが受講すべきじゃないかとさえ思います。絶対、役立つ。
投稿者:おかだ
「がんの痛み」には「心の痛み」も何割か入っているんじゃないでしょうか。これを「完全に取る」のは、なかなか困難に思えます。

http://blog.m3.com/ishi-atama
AutoPage最新お知らせ