がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
2ndこんばんは。

採算が取れる医療経済構造にしてから「採算を考えろ」と言うのでなければ、社会保障はすべて統制経済であるべきだと思います。もちろんその統制経済というのは、きちんと「統制」された経済という意味ですけど。

規模にしろ構造にしろ全体のバランスにしろ人や物やお金の配置にしろ、なーんにも考えてないようにしか見えないこの国の医療行政では、統制経済でも自由経済でもうまくいくはずがないように思ってしまいます。
投稿者:れい
こんにちは。

医療機関ごとの借入金を初めて試算したというのも驚きですが、親方日の丸の方達がやってることだから当然かなとも思います。こんな無責任な人達に運営を任せていたら、元国鉄や道路公団のようになるのは目に見えています。そういう点からすれば、独立行政法人化して、透明な運営に変えることが出来るのであれば意義はあるように思います。但し、先生が言われるように採算を求めるのではなく、医療の進歩と必要な予算の兼ね合いを十分に考えられる組織であり、システムであればというのが前提ですけれど。
投稿者:hirakata
なずたろうさま、おはようございます。身分を明かす必要ないのでご安心下さい。

「医局フリー」、つまり「どこの大学の所属かどうかは関係ない」というのも、とっても重要ですね。そのような雰囲気を作れるのも、これまでの多くの人の努力あってのことだろうと思います。「国内留学」先としての魅力がなくなりはじめたら、そちらからも崩壊していくでしょう。長い目で見て日本の実力を伸ばしていくことを考えてほしいです。
投稿者:なずたろう
初めての投稿失礼いたします。
以前先生の訪問診療に同行させていただいたことがあり、
大変貴重な体験であったこと、ありがたくおもっております。
身分を明かさないこと、ご容赦ください。


個人的にはこれらの組織の多くが、医局フリーの雰囲気を持っていることも、
存在意義の1つだと思っています。
所属の大学を離れて医師が勉強できる、国内の数少ない機関が存在の危機にさらされていることに関して、
非常に危機感を抱いております。
将来の医師への投資という点でも独立法人化は甚だ疑問です。
AutoPage最新お知らせ