がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
bambooさま、おはようございます。

一般の人も医療関係者も行政も官僚も政治家も、「適正な利益を伴う事業は経済を活性化する」ことはわかっているはずなんです。医療などの社会保障もその原理を当てはめた方がうまくいくのでは、と思ってもらいたいなと、書いてみました。
投稿者:bamboo
とても分かりやすくて、先生らしい文章だと思いました。
医療も産業として認めれば、それなりの経済効果があるはずですよね。

http://plaza.rakuten.co.jp/tinyant/
投稿者:hirakata
ダガシさま、ありがとうございます。

とてもすっきりしました。全部が全部賛成かどうかは自分でもよくわかりませんが(基本的な部分はあまり変わらなくても、細かい部分については人の意見によって変わったりもするので)、言いたいことはわかりました。1回目のダガシさまの意見に「何だこいつは」と思った人も、後のを合わせて読むと「なかなかいいこと言ってるな」と思うんじゃないかと思います。

日本の医療をどう整理していくかを考える上で、かなり無理をしなければ生きていけない人に対してどれくらいまでの医療をおこなうかというのは、大変大きな問題だと思います。ただ現場としては、命が危ない→全力で助ける→相当無理をしなければ生きていけない状態になった→「じゃあ無理をやめて死なせるか」という問題が起こった場合に、外国ではよくおこなわれる「これ以上医療費はかけられないから、終わりにしよう」というギリギリの議論を、日本ではする習慣がないですね。そこに踏み込まないのは、逃げているんじゃないかと思うことがあるのと、公的医療費と高額療養費で自己負担が少ないことも、その議論がされない理由の一部になっているのではないかと感じます。
投稿者:ダガシ
風邪の治療代金が二万円、救急車が五万円は、税金として患者から取ればいいのかな、と今思いました。
投稿者:ダガシ
いや間違ってません。hirakataさんは間違ってないんですけど、世の中の沢山の人たちが間違ってると思うから、hirakataさんを生贄の羊にさせてもらったのですゴメンナサイ。

 もちろん税金や保険でまかなう医療がゼロでいいわけはないですよ。若い人の盲腸を直すとかには税金いっぱい使えばいいと思います。

 ですが、本当にhirakataさんが言われるように、仕事がきつくて金が回ってこない分野は、それは自己満足で、しなくともいいことをして、自分が仕事をしている気になっているのじゃないのか? ということを自問自答してほしいのです。
 例えば一年や二年しか生きられない赤ちゃんを生かす分野とか、寝たきりの七十すぎたぐらいの人を何本もの管を繋いで無理矢理生かしている分野とか。
 それと、お医者さんに掛からなくともいいぐらいの病気や怪我なのに、すぐ医者にかかるとかも他人の金を喰い潰していることになると思います。

 そういうのを減らしてくれ、と言いたいだけなのです。

 人としてのモラルに基づいた上でのやり方で、いっぱい儲けるのは、お医者さんでも何の職業でも文句言わないですが、公的なお金からの報酬で、自然な生き物として、やらなくともいいいことを、善い仕事だとして膨らまして、やたらと公的なお金から報酬得るのは卑怯だと言いたいだけなのです。
 それは私の、やっかみかもしれませんがね。じゃあオマエも公務員になれよ、医者になれよ、と言われるかもしれませんが、僕はどっちもなりたくありません。
 そしてまた私はhirakataさんに八つ当たりしてるのかもしれません。

 それから、産科のお医者さんや、救急のお医者さんは、結果を出した分相応の報酬を得てほしいとは思っていますよ。

 あと、風邪とかで安易に病院にかかるのを減らすような、お医者にかかる需要を減らせばいいのじゃないかと思います。
 そのためには、風邪とかの治療代を、一回二万円ぐらいにするとか、救急車呼ぶのには、一回五万円ぐらいとか、そういう病気の診療の単価を高くすればいいのじゃないかと思います。
投稿者:hirakata
ダガシさま、こんばんは。

なんだか今日のダガシさまは、持論を押しつけようという力が強いように感じます。

儲かっているところがもっと儲かるようにしようなんていうことは、まったく考えの外です。ダガシさまが前に書いておられたように、若い人が病気やケガで危うくなった時に助ける医療などは、保たなければいけないと思うんですが、そういうところは儲からないどころではなくて、滅私奉公していても「働けど働けど」疲れがたまるばかりで人生の希望が見えてこない。楽をしながらお金儲けができる医療をやっている人は、もっと絞っていいと思っています。金が儲かっているところじゃなくて、仕事がきつくて金も回ってこないところに急いで手当てをしないと、そこの医療がなくなってしまう危機だということは、わかってほしいのです。

ダガシさまは、税金や保険でまかなう医療はゼロでも何とかなると考えておられるのでしょうか。私はそれはあり得ないと思います。最低限必要なものがどこまでというのは、簡単には決められませんが、ゼロではない。もしゼロでも良いというのであれば、運悪く収入がない状況になった人は、病気になっても医者には来るなということに、なりません?違うのかな?

保険とか税金とかいうのは、それをもらって仕事してるから卑しいということにはならないのではないかと思います。卑しい人も当然いますけど。働く気はないけど金よこせって言ってるわけじゃないんだし。それに「私に金よこせ」って言ってるわけでもなくて、最低限必要なところが倒れそうになってるのは、国が見通しを誤ったせいなんだから、修正しないと危ないよと言っているだけのことです。

できるだけみんなが穏やかな顔ですごせればいいなと思っています。そのために社会のデコボコを修正した方がいいと発言するのは、間違ってますかね?
投稿者:ダガシ
「社会保障費に金よこせ」は嫌だと言いながら、ホントはいっぱい金欲しいのではないですか?
 自分がいる分野にもっと金よこせじゃないのですか?
 中身は、「挑戦的」じゃなくて社会に媚売ってるように読めますよ。hirakataさん、ご自分の胸に聴診器当ててみてもらえませんか?(でもこれは半分冗談としてお読み下さい。半分以上hirakataさんの想いは信じていますから。だからコメントしてますから)。

 でもhirakataさんと、ここに来る人たちに教えるけど、税金や保険のような、公的なお金で雇用を創れとか、社会を建て直せ、とか言うセリフがあるけど、それはタコが自分の足喰うことです。
 破滅か衰退への道か、自己満足か、自己憐憫か、お追従しあうお遊びです。
 それを自覚して覚悟してやるのならばいいですが、あなたたちは違うでしょう?

 最終消費者の個人個人の財布から出されたお金を当てにして初めて、本当の再生産が出来るということです。

 それと、公的なお金から報酬を得るということに、何のためらいも感じない人間は、自分さえ良ければいいという、他人が拠出した金で自分は生活したいという、頭を下げて金集めという汚れ仕事で自分の手だけは汚したくないという、人間として駄目な人間です。それをハッキリ感じてください。
 それは泥棒の仲間です。
 ラクな道をえらぶなと言いたいのです。
 泥棒するのじゃなく、乞食をしてみてください。

 それから、治らない病人や、もうすぐ死にゆく者にコストを掛けすぎるのは、国としても、世の中としても、生き物としても、自然なことではないです(といって私が、そういう人たちに早く死ねと言いたい人間じゃないことは、今まで書いてきたもので分かってもらえてると勝手に思うから、今これを書いてます)。

 自然の成り立ちは、人間が勝手に作った善悪より、高い次元のものです。

http://shoubido.blog44.fc2.com/
投稿者:hirakata
ママサンさま、こんばんは。

社会保障分野がどんどん太っていく必要はないんですよね。ちょうどいい体格の「中肉中背」になりたいんですが、今が痩せすぎなのかどうかみんなわからないから、「少しでも痩せたい」って若い女性みたいになっちゃう。一歩一歩前に進めるように、ちょっとずつやっていきます。
投稿者:ママサン
福祉富国論を展開しましょ。
良い文章でした。この線でおしましょう!
雇用も生まれる、固い内需もできあがる。
投稿者:hirakata
れいさま、こんにちは。

次がいつ載せてもらえるのかわからないのと、たくさんの人がたくさんの提言をするので、自分だけシリーズ化してもうまくいかないかなと思って、かなり無理矢理詰め込みました。一般の人にも「イメージとして」わかりやすく書いてみたつもりです。実は「国は方針転換すべきだ」と書いておきながら、一般の読者の意識が国に踊らされないようにという意図も強かったりします。そのへんも考えて、このような書き方の方が「イメージ転換」しやすいかな、と。

これからも、いろんな角度からいろんなことを書いていきたいと思います。
1|2
AutoPage最新お知らせ