がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
miwaさま、こんばんは。

医学としては何もできないとき、「一緒にいる」ことが医療としてできる最大で最高のことというのは、しばしば経験します。私は結構普通に「生きていくのに最低限必要な体力のレベルに、だいぶ近づいてきましたね」みたいなことを言ってしまうのですが、普段から言っているせいか患者さんもあまり驚かずに「死ぬことそのものは怖くないんだけど、苦しくないようにお願いしますね」と普通に答えられたりします。私が多くの人の死を経験しているという立場の違いもあるかもしれませんが(患者さんもそのつもりでつきあっている)、死について話すか話さないかというのは、お互いのほんのちょっとの勇気があるかないかではないかと思ったりします。死は誰にでも来るものだし、病気が進むとよりそれが近づいてくるんだから、元気なときにも病気の時にも死が近づいてきたときにも、死について逃げずに話ができる日本になった方が楽なんじゃないかなあと、緩和ケアをしながら思っています。
投稿者:miwa
平方先生 はじめまして
いつも先生のブログを拝見させていただいてます。

自己紹介をさせていただきます。
私は県内の病院で看護師をしているものです

新聞記事の紹介の中に
「同じ治療をしていてもつらい結果に終わる人もいる。だからこそ、自分たちが生きているだけで誰かのためになることもあるんじゃないか」
という文章を見て、とても心に残り、このたび返事を書かせていただきました。

私ならず、医療者の多くに
患者さんと死についての話を拒む傾向があります。

死についての話題は、まるで腫れ物に触るかのような感じです。

先生が紹介してくださった文章を見て
ふとこんなことを考えてしまいました。

なんだかとりとめのない文章で申し訳ありません
とにかく、この気持ちを伝えたかったので…

また投稿させてください
インフルエンザが流行してきましたね
体調にお気を付けください
それでは失礼します



AutoPage最新お知らせ