がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
Dragonさま、こんばんは。

本来希少価値のある品は、自由経済のもとでは値段が高くなるものです。でも日本の医療の値段は国がそのようなことを一切考えずに決めている。この仕組みも、医療が貴重なものであるという感覚を鈍らせているのかもしれません。

国が医療の価値を低く誘導し続けてきたダメージは、そう簡単に盛り返せるものではありません。医師は高給取りであるということも、尊敬を集める要因になっていたのではないかと思うのです。働いて働いて、ろくな給料がもらえないとなったら、どんなに大変な仕事をしていても低く見られるというのが、世の中の普通の流れではないかと。

残念ながら阪南は、しっかりした元気な病院に戻ることはないでしょう。ここから逆転して頼れる病院に戻れるとしたら、新市長ではない求心力のあるリーダーが病院を掌握し動かしていく必要があると思います。それでもうまく行かないかもしれませんが。
投稿者:Dragon
「給料が下がれば辞めるのか。金の亡者だな」

・・・金で買えないモノを、金で買おうとするから、とてつもない高額な金銭が必要になるのです。

そろそろ気づいてもらいたいと思います。と言っても、阪南市だけでどうこうできるものでは無いのですが・・・。

少なくとも、今回の市長の発言・行動は、当選直後と言うこともあり、医師からは民意と認識されても止むを得ないところでしょう。
投稿者:hirakata
ママサンさま、こんばんは。

阪南市にどんな医療体制が必要なのか、それは実現可能なのか、可能だとすれば何をすればいいのか。それを考えずに、医師を将棋の駒のように動かそうと考えたのなら、うまく行きませんよね。ママサンさまの経過報告もあったので、阪南市には注目していました。結果としては「やっぱりね」というのが、今のところの感想です。
投稿者:ママサン
去年、内科医全員辞職、のときから取材に入ってました。
阪南にどんな医療体制が必要なのか、という根本的な論議は一切なかった。
その結果ですね。
給与を上げること、だけでしか医者を集める方法を見出せなかった前市長。
そして、所詮、地域における医療の意味を考えることなく、既存の行政の一部、としてしか医療を見ることができない現市長。
投稿者:hirakata
れいさま、こんばんは。

阪南市そのものも余裕がある市ではないようです。「医療がなくなってもしょうがないから、市の財政を第一に考える」というなら、それはそれでしょうがないんじゃないかと思います。医療従事者以外で市から給与をもらっている人に「給料削って医療に回せ」と言っても、それを実行する公務員がたくさんいるとは思えませんし。阪南市で油田でも掘り当てない限り、残念ながらどうしようもない状況かもしれないなと思ってしまったり。

(市の職員の給料を削って医療に回しても、阪南市立病院がシャキッと立ち直ることは無理なのではないかと思っています。新しい市長の決断は、それ以前の方針とは180度違いますが、英断かもしれません)
投稿者:れい
こんにちは。

この手の記事を読むたびに思うことは、首長たる市長や助役などの特別職、市議会議員の定数と年収、そして市職員の人員数と年収にトコトン見直しがされているのかということです。自らは民間企業(大企業ベースではなく中小零細も含む平均年収ベース)と比較して多くもらっておきながら、それには手を着けずに財政危機だからと他の経費部分だけをカットするのはおかしいですよね。因みに阪南市の市職員のラスパイレル指数は98.7(平成17年度)ですから、国家公務員と遜色ない給与をもらっているわけで、まずは民間ベース(中小零細企業含む全国平均)に落とすのが筋と言うものでしょう。
AutoPage最新お知らせ