がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:暢気ながん患者
平方先生、ありがとうございます。

>ノーベル経済学賞はほんとのノーベル賞ではありません・・・
知りませんでした(汗)
ググってみたら「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞」と云うのですね、今回のポール・クルーグマンの受賞も「欧州からのブッシュ批判に利用された」と云う穿った見方もあって、やっぱりシェークスピア喜劇じゃないかと。
でも、真に受けて、有難がる途上国日本のマスコミは・・・ エキストラ以下(悲)
投稿者:hirakata
暢気ながん患者さま、こんにちは。

アングロサクソンの人自身が思っている「人種系列別の序列」は、能力に基づいた序列ではないと思うんですが(あたりまえ)、でも何をやっても覆すことはできない確固たる序列なんだろうなと、色々な報道を見ていて思います。というより、アングロサクソンの中にも素晴らしい人も頭の良くない人もいて、他系列の人種でも素晴らしい人も頭の良くない人もいるのに、どちらが絶対的に優れているかというものでもないでしょうし。

今年のノーベル経済学賞もアメリカ人でしたが(どういう人かは全然知らない)、「公的資金の注入は正しい」と言っていました。21世紀に入ってから今までのノーベル経済学賞受賞者の学説を全部合わせたら、矛盾だらけになるような気がします。ノーベル経済学賞はほんとのノーベル賞ではありませんが、もうちょっと考えて賞を出して欲しいと思います。
投稿者:暢気ながん患者
>本当の頭は良くないんじゃないかと思ったり。
アングロサクソンは強欲なので賢い・・・ シェークスピアのドタバタ劇みたいなもんじゃないでしょうか?
AutoPage最新お知らせ